ロードバイク メンテナンス方法

ロードバイクは、ふつうの自転車と違いデリケートな構造をしていて

定期的に適切なメンテナンスを必要とする自転車(バイク)になります。

普段、街中で目にするママチャリなどは、雨ざらしの場所に置いておいても特に弊害はないかもしれません。

あるとしたら、雨の翌日、サドルやハンドルが濡れてしまっていることや、

雨や風が多く当たる鉄の部分がさびてしまうことくらいでしょうか…。

時には、年数がたつと、動かなくなってしまう場合もあるかもしれませんが、

普通の自転車とロードバイクとで比べたら、安全性の面でも、見た目の面でも支障があらわれます。

さらに、ロードバイクは簡単に買い替えることができないということもあるでしょうか…。

①ロードバイクに乗る前に…フロント・リアの変速機能が正常に作動するか…。

②ブレーキの効き目と、サドルやハンドルにぶれがないか…。

③走行するとタイヤは消耗してしまうためとレッドラインの摩耗などを確認する

④タイヤの空気圧は正常の範囲以内か…。

⑤ロードバイク走行後もフロント・リアの変速機能やサドル、ハンドルのブレなどは確認をします。

ちょっとした、変化などで、本来の性能を発揮できないだけでなく、

時には、命に係わることもある危険な乗り物ののメンテナンスであると意識し、

十分にメンテナンスをして、楽しいロードバイクライフへ!!

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ