ロードバイク 初心者

ロードバイク(Road bike)とは、舗装された道路を主に走る自転車(バイク)で、

全地形とあらゆる線形に対応して、高速走行を可能にする自転車(バイク)のことを呼びます。

ロードバイクに乗る人たちのことを、『ロードレーサー』と呼ぶこともあります。

昔は、レースのために使われた自転車(バイク)でしたが、最近では、一般の方も多くの方が利用し

移動速度の速さを利用して、通勤や通学、また、趣味で自転車などを始める人も増えています。

そのため、とても気軽にロードバイクを始めることができるようになってきましたが、

気軽に始めたことが原因で、取り返しのつかない事故も増えている現実もあります。

通常の自転車と違い、スピードも速いので、人や自転車、車とぶつかった場合のことなど

想定をしながら、安全運転で走行することがとても大切になります。

ロードバイク 始める前に

ロードバイクを始める前に知っておきたいいくつかの項目をご紹介します。

ロードバイクは、自転車と同じで、軽車両に属し、道路交通法を守らなければなりません。

特に、歩行者の多い通りなどでは、スピードを上げない、またはロードバイクに乗らないなどの配慮も必要になります。

さらに、自分自身の命を守るためにも、ヘルメットは絶対に着用しましょう。

最近では、朝、スーツを着た人が駅、または勤め先までものすごいスピードで走る人の姿を目にする方も多いかもしれませんが

たった一人のマナー違反が、ロードバイクを大切に思う人の足を引っ張ることにもなること、しっかり心構えを持ってから乗るようにしましょう。

ロードバイクをまず、始めるには、ロードバイクのさまざまなアイテムをそろえなければなりません。

まずは、ロードバイク本体平均して、5万円~10万円、高いものになると、うん十万円なんて値段のするロードバイクもあります。

また、命を守るためのアイテム、ヘルメット、5千円~2万円と様々な種類が販売されています。

次に、手にはめるグローブ、ウエア、シューズ、その他のロックやライト、保険などの加入も必要になります。

平均して、10万円~20万円の値段がかかるほかに、好きなロードバイクの値段によっては、かなり高価な買い物になります。

さらに、高価なロードバイクになればなるほど、盗難の被害にあう可能性も高くなってしまいます。

盗難にあわないために、高価なロードバイクの購入を考えているかたは、駐輪場の整備やロードバイクを預ける駐輪場などにも気を配る必要があります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ