自転車 保険

自転車は、安全に運転していればとても便利な乗り物ですが、

最近では、自転車の事故で加害者に9,500万円を超える賠償判決が下るなどの事故も多発しています。

『私は事故を起こさないから…』『家族なら大丈夫…』『歩行者のマナーが…』と言っても

自転車は、軽車両と同じ扱いですから、事故が起きた場合には基本的に歩行者が100%悪くない限り

自転車に乗っていた側の方が高額な治療費や賠償を行わなくてはならない場合が多いのです。

そこで、自転車を購入する時に、自転車屋さんで加入を勧められる保険に必ず契約をしておきましょう。

車の保険と違って、掛け金もとても安く、簡単に契約することができるので

万が一の事故の時の為に、家族のために、保険の加入は絶対に必要です。

自転車 保険種類

自転車の保険には最近では多くの会社からさまざまな種類の自転車の保険が販売されています。

『公益財団法人 日本交通管理技術協会 TSマーク』、

『自転車事故のための保険-あんしん損保保険『ちゃりぽ』』、

『エアーリンク『自転車の責任保険』』、

『セブン-イレブンで入れる自転車向け保険『示談交渉サービス付き』』、

『au損保『あうて!じてんしゃBycle示談代行サービス付き』』、

『ドコモサイクル保険』

『チューリッヒ保険!スーパー傷害保険Lite』、

『アメリカンホーム・ダイレクトのワンコイン保険』、

『三井住友海上傷害保険GKケガの保険』などなど

多くの種類の保険が販売されています。

事故が起きてしまってからでは加入はできないので

自転車を購入したら一緒に保険の加入もしておきましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ