アイスプラント 栽培方法

アイスプラントとは、野菜で、主に、アフリカやヨーロッパ、西アジアで栽培されていた食用の植物です。

砂漠や荒野などの厳しい環境下で育つため、吸い上げた水分からアイスプラントの葉や茎の表面の細胞が

塩分を水滴状にして固着している植物になります。

そのため、洗い立ての水分がたっぷりついた植物に見えますが食べてみると、外はプチプチとした触感になります。

日本では最近、化粧品などの成分としても注目され、美容や健康面でも注目されている植物です。

アイスプラントの栽培方法は、苗つけの場合には、2月の寒い時期から6月の夏前までと、9月初旬から10月の終わりくらいまでが最も適しています。

アイスプラントの苗の選び方は、葉が4~5枚しっかり生えていて、枯れていないものを選びましょう。

色合いも緑の濃い色のものが良いです。

植え方は、地下上でも、プランターに植えてもどちらでも構わないようです。

しかし、プランターに植える場合には、水はけの良さと軽量化のために土を入れる前に発砲スチロールを敷き詰めその上に用土を入れるのがベストです。

また、あまり植物の栽培に慣れていない方は、種からではなく、苗から植えるのが最もベストです。

アイスプラント 食べ方

アイスプラントは、見た目から、葉の上にキラキラとした水分が付きとてもきれいに見えます。

しかし、その見た目から食べ方を知らない人はなかなか食べる機会が少ない野菜かもしれません…。

アイスプラントは、最もサラダなどで食べられることが多いです。

葉の部分をサラダの具材として通常使っているドレッシングで美味しく食べれます。

少し手を加えると、さっと茹でてお浸しやマリネなどで食べるのも人気のようです。

オシャレなレストランや居酒屋でも添え物として出されることも増えています。

また、天ぷらとしてもとてもおいしくいただけるようです。

レシピと言っても、もともとが、臭みも苦味もない野菜なのでどんな料理にも合わせることができるようです。

また、購入後少しずつ食べたいと想っている方は、販売店から購入後、そのままではなくビニール袋やポリ袋などの密閉できる袋で保存することがオススメです。

食感が大切な野菜なので、4~5日程度の保存が適していて、あまり長持ちする野菜ではありません。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ