スムージー 効果

スムージーとは、野菜や果物に水分を加えてブレンダーやミキサーで混ぜた飲みものを『スムージー』と呼びます。

野菜や果物の食物繊維やさまざまな栄養素を逃すことなく摂取できるスムージーは単身者だけでなく子供のいる家族でも愛用している方々が多くなっています。

また、スムージーカフェとして、スムージーを提供しているレストランやカフェも多くなってきて様々な種類のスムージーがあります。

中でも、もっとも注目を浴び、人気のあるスムージーが『グリーンスムージー』です。

緑色の野菜を中心にスムージーを作りますが、野菜嫌いな子どもでも飲みやすくするためにハチミツやリンゴなど果物と一緒に摂取することが多いです。

しかし、なぜ『グリーンスムージー』が今、注目されているのか…。

近年の日本人は、昔よりも野菜を摂取する機会が減ってしまい、野菜の成分だけをサプリメントなどで補ってきた方が多かったのです。

しかし、スムージーなら、忙しい朝食の時間にも簡単に作れて、栄養満点、1日に必要な野菜のほとんどを摂取することもできるから特に注目を集めています。

しかし、たがが野菜と甘く見ていると、食物アレルギーやカロリー過多になることも…。

野菜や果物と一緒にいれる食材や飲み物なども十分に把握し、作ったらすぐに飲むことなどを心掛けてください。

もともとアメリカで生まれたスムージー!カロリーオーバーな食事の多い欧米人が考えた飲み物でダイエットなどにも効果があります。

また、飲み続けることで、便秘解消やウエスト周りのシェイプアップ、肌トラブルの改善などなどの効果もあります。

スムージー レシピ

スムージーを作るのにレシピは欠かせません…。

特に自己流のスムージーで味にも問題あり、また、見た目、体調にも問題をきたすこともあるのです。

特に注意が必要なのが、豆類やでんぷん質を含んだ野菜はスムージーに入れてはいけません。

理由は、お腹にガスが貯まりやすくなるためで、特に、『人参』、『白菜』、『ビーツ』、『ブロッコリーの茎』、

『ズッキーニ』、『キャベツ』、『芽キャベツ』、『ナス』、『カボチャ』、『オクラ』、『さやえんどう』、『トウモロコシ』などが入れてはいけない食品になります。

また、牛乳やヨーグルトなどを一緒にスムージーの中に入れると、栄養素の吸収がされにくくなってしまうため、市販のヨーグルトや牛乳、豆乳などは一緒に入れない方が良いでしょう。

しかし、野菜によっては、牛乳やヨーグルトが入った方が飲みやすい場合もあります。

スムージーの作り方のポイントとしては、上記の野菜は入れないように注意しながら、家庭にある野菜で簡単に作ることがオススメです。

野菜+水+果物が一番よく、バナナやリンゴなど1年通して購入することのできる果物がオススメです。

また、上級者になると、季節に合わせた果物や野菜でレシピを考案する方もいます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ