数学検定 難易度

実用数学技能検定(数学検定・数検)は、数学や算数の実用的な計算、作図、表現、統計、証明、整理などを測る検定のことを言います。

行っているのは、公益財団法人日本数学検定協会が実施しています。

数学検定には、数学検定と算数検定があり、算数検定は6級から11級までのかずやかたちの検定のことを算数検定と言います。

算数検定は、5級から1級までのことをいいます。

各級によって受験目安や勉強の目安になる学年なども掲載されている場合もあります。

11級は、小学校1年生、10級は、小学校2年生、9級は、小学校3年生、8級は、小学校4年生、7級は、小学校5年生、6級は小学校6年生でここまでを算数検定、

5級は、中学校1年生、4級は中学校2年生、3級は中学校3年生、準2級は高校1年生、2級は高校2年生、準1級は高校3年生、1級は大学・一般までが数学検定になります。

学年はおおよその目安みなりますが、これ以外にも小学校入学前の未就学児にはゴールドスター・シルバースターというものも用意されています。

各級ごとに難易度はバラバラですが、一般的には目安の学年の勉強を行うことが大切になるようです。

しかし、1級や準1級はやはりとても難しいようで、かなりの勉強が必要になるようです。

数学検定 問題集

数学検定の勉強では、目安の学年ごとにが学校側で受験を勧めてくれる場合もあります。

個人で数学検定を受ける場合には、書店などで数学検定の参考書などが販売されています。

中には、数学検定の過去の問題集を集めた参考書などもあります。

また、公益財団法人日本数学検定協会のホームページでも、過去の問題集やオススメの参考書、問題集なども紹介しています。

さらに、講座や講習会などの情報も公開しているので検定合格を目指す方は確認することがオススメです。

学校などの団体で受験をする場合には、数学や算数の先生に詳しく解説をしてもらうことも大切なようです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ