秘書検定について!!

秘書検定とは、秘書を目指す方が取得する検定と思われがちですが、実際の受験者の方は社会人としてもマナーや一般常識を学べる場としても認知されています。

また、人から受ける印象も感じのよい人やステキな人といったような人が受ける印象を上げる人間力も育てることができる検定になるようです。

秘書検定は、社会か広く認知されていて企業からも高評価されるようです。

秘書検定で秘書を目指す以外にも就職活動の際には、履歴書に書くことのできるアピールポイントとして、また自分磨きにも適した検定になります。

秘書検定で学ぶことのできる知識には、日常で使えるものが多く、企業では、上司、外部の方々への接待、対応の仕方なども学べます。

そのほかにも、冠婚葬祭での電話の対応やビジネス文書の作成、サービス業や営業職の方とさまざまな場面で活用することができます。

秘書検定の合格率は、年度によって前後しますが、3級で60%前後、2級で50%前後、準1級では25%前後の合格率になります。

準1級になるとやはり合格率もかなり低くなってしまいま。

秘書技能検定試験は、秘書検とも呼ばれ、公益財団法人実務技能検定協会が運営と実施をする検定になります。

文部科学省後援で、準1級、1級は年間に2回実施されます。

3級と2級は、年に3回検定試験が実施されるようです。

2級と3級は、一次試験のみで合否が行われ、試験は基本的にマークシート方式になります。

準1級と1級は、1次試験後の合格通知後に2次試験を受ける資格が与えられます。

二次試験では、試験官と面接方式で面接は二人ずつ11分程度でロールプレイングなどの簡単な質疑応答試験になります。

秘書検定 参考書

秘書検定は、一般常識が多く出題される検定ですが、やはり合格を目指すには勉強法が重要になってきます。

最近では、秘書検定を個人で受ける方も多くいますが、企業で受けることを進める企業もあります。

受験者は、自分にあった勉強方法を見つけることから始めますが最近では、書店でも過去の試験問題なども販売されています。

また、試験に出題される重要な部分だけを集めた教材や、それ以外の試験には出ないかもしれないが常識として身に着けておくべきものなどを乗せた参考書も多く販売されています。

おすすめは、やはりさまざまな情報が詰まった教材ですが、すでにそれらの知識を身に着けている方もいるのでやはり自分に合った教材を探すことが大切になります。

書店以外にも、通信教育で教材も購入することができ、教材の中には受験体験者の声や検定合格後役に立ったことなども記載してある参考書もあります。

受験日は、級によっても変わってくるので交易財団法人実務技能検定協会やさまざまなサイトでも確認することができます。

受験料は、3級は、2.600円、2級と準1級は、8,700円、準1級は、4,900円、1級は、6,100円で受験することができます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ