きゅうり 育て方

日本では、夏野菜として有名ですが、ハウス栽培が可能になった現在では1年中スーパーなどでも目に野菜です。

きゅうりには、なんと500種類もの種類があり、栽培されています。

きゅうりは古くから食べられている野菜で、紀元前4000年前にはメソポタミアでも栽培されていたようです。

その後、様々な国でも栽培され食べられていました。

日本では、1500年もの間栽培されていましたが、江戸時代までは完熟してから食べていたため、苦味が強く人気の野菜ではなかったようです。

その後、砂村現在の東京都江東区でキュウリの品種改良が行われて、成長が早くて、歯ごたえのある美味しい味のキュウリが出来上がりました!

きゅうり 家庭菜園

きゅうりは、家庭菜園でも育てられます。

しかし、きゅうりの家庭菜園は難しいという特徴があります。

きゅうりには、適度水やりと、適度な肥料、日光などが必要でどれが多くても少なくても苗が枯れてしまう原因になります。

しかし、じっかり育てる事ができれば、ホームセンターなどで手に入る苗やプランターなどでも栽培する事ができます。

きゅうりを家庭菜園で始めて育てる場合には、『夏すずみ』という品種が最も育てやすいです。

きゅうりの品種の中でも比較的病気に強く育てやすいのが特徴になる品種です。

きゅうりの苗の植えつけの時期は4月から5月の涼しい時期がオススメです。

水と肥料と土の分量を適度にし、日光も適度に当たる場所に置いてあげましょう。

すると、7月から9月まで夏の間実を収穫する事ができます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ