家庭菜園 ナス

夏野菜として古くから愛されてきたナス! 原産地はインドとされているようで、そのご中国から日本に伝わったとされています。

なんと、日本でなすが栽培されてから1000年以上もたつとさえ言われています。

日本では夏野菜として知られていますが、気候が湿帯の地域では一年生植物として栽培されています。

ナスには利尿作用がある為体のむくみをとる効果があるようです。

また口内炎にも効果があるといわれている他、低カロリーでダイエット食にもオススメの野菜です。

なすには様々な種類があり、品種はなんと180種類以上あるようです。

日本で有名なのは水ナスや、山ナス、やきなす、下田なすなど他にも多くの品種が育てられています。

料理によってなすの特性を活かして様々な料理にも挑戦出来る事も魅力の一つです。

更に日本では、お盆の時期に霊界から先祖をお迎えするのに、馬に見立ててきゅうりの馬を作ります。

これは、早く家に帰ってきてもらいたいという気持ちからきゅうりで馬を作ります。

帰りには、ナスで牛を作り、おくる事が一般的です。

後ろ髪ひかれながら、ノンビリ霊界に帰ってもらいたいという気持ちからなすで牛を作るようです。

食事や文化などでも多く利用されるナス、美味しいですよね!

家庭菜園 なす育て方

家庭菜園でなすを育てる際にはいくつかの注意点があります。

まず、ナスに苗を植える前に苦と土石灰と堆肥を入れて深く耕し苗を植える1週間前には化成肥料を入れてまた耕します。

ナスの苗を土に植えたら土が乾燥しないようにたっぷりとお水をあげるようにしましょう。

ナスは温かく、日が当たる場所を好むので水遣りはとても重要です。

お水をしっかりあげていないと、実がならない可能性もあるので注意が必要です。

ナスを家庭菜園で育てる場合には、前年に、ミニトマトなどを育てて、自信をしっかりつけてから行う事をオススメします。

ナスは少し育てるのが難しいといわれているので、家庭菜園のやり方を十分に勉強してから行う事をオススメします。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ