ランドセル 歴史

ランドセルは、小学生が学校に通うさいに使うカバンとして、現在でも愛用されています。

そんなランドセルの歴史は古く、江戸時代までさかのぼります。

ランドセルの始まりは、小学生などの幼い子供達が使うものではなく、なんと軍隊が利用していました。

幕末の日本に西洋式の軍隊制度の導入の一環で背中に背負う布製のカバンを導入しました。

当時は、背のう(はいのう)と呼ばれていたようです。

その後、明治時代に時代は替わり学習院の生徒が背のうに勉強道具を入れて学習院へ通うようになりました。

オランダ語では、『背のう』は『ランセル』と呼ばれていたことから、日本では『ランドセル』と呼ばれるようになりました。

しかし、このようにランドセルを使えるのは都会の子供達だけで、地方の子供達は、勉強道具やお弁当などを風呂敷に包んで通学していました。

その後、第2次世界大戦で物が無くなってしまい、多くの子供達が風呂敷などで通学するほか、多くの子供達が学校にも通えない状況が続きました。

戦後、またランドセルが普及しだしたのは、昭和30年代と言われ、都会から普及していきました。

ランドセル 注文

現在では、小学生が使うカバンとして普及しています。

数十年前までは、カラーも黒、赤しかなく、男子は黒、女子赤と暗黙の了解といった状態でした。

しかし、近年ではカラーも増え、何十種類もある色の中からお気に入りのものを見つける事ができる様になりました。

また、ランドセルに刺繍で名前を入れたり、好きなデザインを入れたり、中には、ラインストーンを入れる事ができます。

その為、ランドセルの値段は1万円台からから、7万円台まで値段も様々です。

インターネットなどを利用してネット注文ができたり、様々なキャラクターとコラボレーションしたランドセルまであります。

また、カバン屋さんが作るランドセルではなく、靴屋さんなどが作る皮のランドセルも人気が高いです。

お手入れに少し手間がかかるものの、使った分だけ、ランドセルに味が出せるのが人気の理由のようです。

お子様が好きなものや親の憧れや好きな物で何個も個性的なものを購入する家庭もあるようです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ