学校 プール

夏も近づくと、プール開きなどが行われ様々な屋外にあるプールに入る事ができるようになります。

最近の関東、東京、埼玉などの小中学校、また高校では、屋内にプールを作る学校も出てきていますが、多くの学校も屋外のプール施設と同様に学校でプール開きを行ってプールに入ります。

普通にプールの施設などで遊ぶ場合には、別ですが、学校のプールでは、授業になるので、ただ泳ぐだけでなく様々な運動も行われます。

例えば、1年生では顔を水に付けるやもぐれるようにの他にも、ダルマ浮きなども授業に入っています。

学校でのプールは、様々な決まりがあるほかにも、学校ごとに水着に付ける名札の位置や大きさ、水着の種類や帽子の色まで色々と決められています。

その為、学校のプール開きの前に学校やその他の場所で学校指定の水着や帽子、プールヴバッグやゴーグル、タオルなどを揃える必要があります。

安全にプールを楽しむために各学校や教育委員会が色々考えているんですね。

プール熱 病気

プールはとても楽しく、子供も大人も好きな方が多いと思います。

また、年配者もプールで泳がなくっても歩くなどの運動もできるので様々な年令で行える運動でもあります。

そんなプールには、様々な危険があります。

プールで溺れてしまうことはもちろん、様々な病気も心配です。

特に多いには、『流行り目』や『プール熱』です。

流行り目は、流行性結膜炎という病気で、症状では、異物感や目の充血などがありますが、放置しておくと、失明してしまう事があります。

プール熱は、上記の流行り目の症状や、高い熱、風邪に似た症状が出ます。

どちらも、プールを上がったあと、良く目や体、手を洗い他の人とタオルを共有しないなどの予防ができます。

他にも、アタマジラミや様々な病気に感染してしまうリスクがあるので、十分に注意が必要です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ