通関士とは…

通関士とは、貿易に係る唯一の国家資格で、年間1万人前後の受験生がいる人気の資格です。

通関士の資格を取る事で、貿易にたずさわる仕事ができ、貿易に関しての公的に認められた資格は通関士のみになるので人気があります。

また、商社や物流関係の会社でも重要な資格とみなされ、多くの通関士の資格を持つ方が働いています。

この他にも、通関業を行っている『倉庫会社』『運送会社』『航空会社』などでは各営業所に専任の通関士を1名以上置く事が法律で定められています。

グローバル化が進む現代で、大量の輸出入品の様々な手続きを迅速に行う為に大切な資格で女性の方の取得者も増えています。

通関士 受験資格

通関士は、国家資格ですので、受験資格も多くの資格が必要と諦めてしまっている方も多くいるかもしれません。

しかし、通関士は学歴、経歴、国籍などの制限が一切無く、どなたでも通関士の受験資格があることが魅力の一つです。

通関士の資格は、3科目の受験が必要で、①通関業法②関税法等③通関実務の受験科目があります。

ここで、受験資格には制限はありませんが、不正な手段で通関士の資格を取得しようとした方は、2年間は受験資格が停止されます。

通関士の受験には、免除もあり、実務経験によって、免除される科目があります。

①通関業者や官庁で、通関業務や税関に関する仕事を15年以上行っていた方は、『通関業法』のみの受験になります。

②通関業者や官庁で、通関業務や税金に関する仕事を5年以上行っていた方は、『通関業法』『関税法等』の2科目のもの受験になります。

どちらも、とても有利な受験が受けられるので、中には、上記の会社などで勤務しながら、受験を目指す方もいます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ