スイミングの効果

スイミングとは、英語で水泳のことで、年令を問わず、行う事ができる運動ですので、人気の高いスポーツです。

趣味やスポーツの一環で、スイミングを行う方も多いですが、最近では、足を怪我してしまった方や体重が多く、通常の運動では膝などに負担がかかってしまう方、加齢により、膝などに負担をかけられない方など様々な方が利用しています。

スイミングの効果としては、リハビリとしても利用されているので、筋力アップや関節の曲げ伸ばしなど、患部に負担を掛け過ぎずにリハビリをする事ができます。

また、水圧によって、全身のマッサージ効果もあることが分かっていて、冷え性の方などにもオススメの運動です。

また、体重が多すぎる方も、陸上では、膝や関節に大きな負担が掛かる為、激しい運動が出来ない事がありますが、スイミングの場合には、浮力を利用して重力を軽減させ、膝などに負担を掛けずに運動する事もできます。

ダイエットを行っている方にもオススメな運動で、お水の中に入る事で適度な水温で、体温が下げられる為、自然と代謝を上げる事ができます。

知らず知らずのうちに、筋力アップもでき、水圧で、想像以上の負荷が掛かる事に加え、代謝を上げ、全身のマッサージ効果のあるスイミングを利用しない手はありません。

スイミングの種類

スイミングは、初心者の場合、必ず、スイミングスクールやスイミングコーチなど、専門の方が見守る中で運動を行う事が大切です。

特に、普段運動を行わない方や、久しぶりの運動の場合には、急な負荷と運動が重なり、急に筋肉が攣ってしまうこともある為、溺れてしまう可能性もあります。

通常のスイミングスクールなどでは、専門のコーチが付き、泳ぎ方や歩き方、体の使い方などを教えてくれます。

リハビリで行う場合には、スクールで決めた、運動メニューを守り、無理の無い様に、行う事が大切です。

痛みを我慢せず、しっかりと、コーチと意思疎通が出来るようにしておくことも大切です。

持病がある方や妊娠中の方は、主治医と十分に相談し、スイミング行う事が大切です。

特に、カロリー消費が激しく、脂肪燃焼にも効果があるスイミングでは、糖尿病などの方には、向かない運動方法もある為、注意が必要です。

スイミングの種類には、泳ぎのレベルに合わせて、コースが分かれていたり、年令別、性別でコースを分けるなどの他に、妊婦さん専用のスイミングコース、乳幼児専用のコース、高齢者専用のコース、歩行専用など様々なコースがあります。

自分の体と、筋力、体力に合わせて、自分にあったスイミングコースを選ぶ事も大切です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ