中国語検定について

中国語検定っとは、正式名称が中国語検定試験っと言われて、略称では、中検っとも呼ばれています。

中国語の検定試験ですが、日本国内でも11箇所、札幌、東京、金沢、名古屋、大阪、京都、岡山、広島、福岡、沖縄で受験する事ができます。

中国の目覚しい経済成長で、中国に仕事に行く機会が増える人も多く、累計で、受験者数は、60万人以上いるといわれています。

中国語検定の難易度は、階級によって分かれます。

準4級:準4級は、中国語専門学校や講習会などで半年以上勉強した程度の難易度があります。

合格基準が60点っとなっていて、合格率は、70%程度です。

4級:中国語の基礎をマスターした程度で、学習時間は約120時間~200時間っと合格基準が60点で、合格率が60%程度です。

3級:学習時間が約200時間~300時間で、合格基準が65点で、合格率は、40%程度と難易度が急に上がります。

2級:日常的な会話ができ、高度な文章を書く事ができる程度で、合格基準が70点で、合格率は15%程度で、かなり難易度が高いです。

準1級:日本語と中国語の簡単な通訳ができる程度、合格基準は、75点で、合格率は15%程度。

1級:講演や会議、会談の通訳や翻訳ができる程度、合格基準は85点で、合格率は2%程度で、100人の受験者のうち、合格者が1人か2人しかいないっと言う超難関です。

中国語検定を受検する為に

中国語検定を受検する人のほとんどが、会社などで必要に迫られて、っと言うより、趣味や興味が高じて受ける方が多い様です。

上級になれば、仕事上必要な為っと言う方も多いようですが、書く場合、「漢字だから、大丈夫」っと思ってしまうと若干難しいようです。

中国語を勉強するには、教材の購入だけで、4級程度なら合格できた方が多い様です。

教材は、本屋などで売っている過去問題などを中心に勉強したり単語などを集めた本などもオススメです。

他に、ラジオなどで流れる中国語を聞いたり、NHKのテレビでも中国語を勉強する為の放送されています。

この他にも、中国語を学べるスクールなどがあり、個人レッスンやグループでレッスンを受けられたりっと様々なタイプがあります。

そして、通信でも中国語は学べて、CDやDVDで、本格的な中国語の勉強が受けられるように色々な工夫がされています。

この中から、自分に合った勉強方法を探してみて下さい。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ