数学検定とは

数学検定とは、財団法人日本数学検定教会が実施している数学検定の事で、略して「数検」っとも言われています。

数学検定は、「英検」「漢検」と並んで三大検定と言われていますが、数学検定は、あまり有名ではなく受験者も少ないです。

しかし、最近では、一部の学校、企業などで注目を浴び、年々受験者が増加していて、年間受験者が30万人が超えた年もあり、最近特に注目されている検定試験です。

数学検定は、8級~1級までの10段階に分かれています。

その段階ごとにレベルが設定されているので、その一部をご紹介します。

8級:小学校4年生~5年生レベルの問題が出題され、合格率は、90%程度。

7級:小学校5年生~6年生レベルの問題が出題され、合格率は、85%程度

6級:小学生6年生~中学校1年生レベルの問題が出題され、合格率は、80%程度。

5級:中学校1年生~2年生レベルの問題が出題され、合格率は、70%程度。

4級:中学校2年生~3年生レベルの問題が出題され、合格率は、70%程度。

3級:中学校3年生~高校1年生レベルの問題が出題され、合格率は、70%程度。

準2級:高校1年生~2年生レベルの問題が出題され、合格率は、40%程度。

2級:高校2年生~3年生レベルの問題が出題され、合格率は、30%程度。

準1級:高校3年生終了過程程度のもんだいが出題され、合格率は、25%程度。

1級:大学教養課程程度の問題が出題され、合格率は、10%程度。

この様に、各級によってレベルが設定されていて、レベルによって難易度も変わってきます。

数学検定の為に勉強する

数学検定を受検する前に、数学の勉強を行う人も多いと思いますが、就学中の方が受験する場合には、学校などの先生などに分からない範囲を質問しても良いでしょう。

また、塾などの先生にも質問しても答えてくれる事があると思います。

最近では、高校、大学受験の推薦枠などで、英検、漢検、数検など、一定の級を持っていると多少考慮される事もあり、就学中の受験者が増えています。

就学終了後、スキルアップの為に、受験する場合には、書店などで、数学検定の過去問題や模擬問題などが販売されています。

その様なものを活用して独学で勉強するのも良いでしょう。

数学検定は、頻繁に出題される問題とそうでない分野が分かれています。

その為、過去問題の中で特に出題範囲の広い分野を多めに勉強しておく方法も良いでしょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ