保育園と幼稚園の違い

保育園と幼稚園、子供を預かってくれる時間程度しか違いは無いんじゃない?っと思っている方…

実は、保育園と幼稚園では、大きく違う箇所が多くあります。

その一部をご紹介しますので、是非、お子様の保育園、幼稚園選びに参考になさって下さい。

まず、保育園と幼稚園では、管轄する官庁が違います。

保育園は、「厚生労働省」が管轄していている「児童福祉施設」っとなっています。

幼稚園では、「文部科学省」が管轄している「学校教育施設」っとなっています。

幼稚園と、保育園、元々、建てられた経緯が違う事から管轄も別で、入園や保育環境、保育の仕方など、ルールも変わってきます。

□保育時間は?
幼稚園の保育時間は、4時間以上が基準っとされていて、保育日数も、39週っと決められているので、春、夏、冬っと長期休みがあり、それ以外にも園によってお休みがまちまちになっています。

保育園の保育時間は、1日8時間以上が原則っとなっていて、毎週、日曜日や祝日以外はほとんど開園しています。

□先生の違いは?
幼稚園の先生は、幼稚園教諭っと言う教諭の資格が必要です。

資格の中には、幼稚園教諭2種免許と、1種免許がありますが、どちらかを持っている方が先生として働いています。

また、1クラスの預かる子供の人数にも違いがあり、幼稚園の場合、1クラス35名以下っと決まっていて、担任の先生と、副担任の先生2人程度で通常の保育を行う事になります。

保育園では、保育士資格を持っている方が先生っとして働いています。

保育園の場合、1人の先生が受け持てる人数が子供の年齢によって変わってきて、0歳児クラスでは1人の先生に対し、子供が3人、1,2歳児クラスでは6人、3歳児クラスでは20人、4,5歳児クラスでは30人っと違っています。

□入園条件にも違いはあるの?
入園条件でも、保育園と幼稚園大きな違いがあります。

幼稚園の場合、特に条件はありませんが、入園の際に、親子面接があったり、適性テストを受ける場合もあります。

公立の保育園の場合、保育園を管理する市区町村へ職場の状況などの提出書類が多くあり、両親が仕事をしている、育児、介護、病気などの理由がある場合に入園する事ができます。

両親が仕事をしている場合には、仕事時間など厳しい規定がある他、年齢や地域によってはなかなか入園できず、待機児童っとして入園するのを待っている人も多くいます。

その為、民間が経営している私立の保育園に入園する方も多くいますが、私立の場合、1ヶ月の保育料は全額自己負担の場合も多く高額な保育料を支払う場合があります。

この様に、様々な面で、違いがある保育園と幼稚園ですが、特に、親族が口を揃えて言うのが、「学習が気になる」っと言う方もいる様ですが、最近では、保育園でも学習時間を設けたりする保育園や、外遊び中心の幼稚園など様々な形態の施設が誕生しています。

保育園、幼稚園、どちらも入園する前に、幼児や親、子育ての価値観などが合う施設を探す事が大切な様です。

幼保一元化

幼稚園と保育園を一元化しようっと言う試みが最近始まりました。

幼稚園に入れても、両親が共働きをしたいなどの理由で、幼稚園に延長保育を懇願する家族が増え、保育園に入っても、学習面でも充実させてほしいなどの要望に答える形になっているようです。

特に、大きな問題なのが、共働きしたいっと言う家庭が最近の不景気からか多く、その反面、子供達を預かる保育園の数が足りず、多くの市区町村で待機児童が溢れている事から定員割れしている幼稚園で待機児童を預かれれば待機児童の問題も多少は解決するでしょう。

待機児童を抱えていたり、現在の保育環境に納得いってないご家庭では大変喜ばれるこの幼保一元化ですが、問題も多いのが現状です。

□職員の配置のもんだいや設備の基準などを満たす為に、保育料が高くなってしまう可能性がある。

□先生も、「幼稚園教員免許」と「保育士資格」の両方の資格が必要になる為、なかなか、両方の合格者がいないっと言う事。

□子供にふさわしい保育・教育環境が保証されるか、分かっていない。

この様に、問題もまだまだ山積みえすが、実際に2005年には30箇所の幼保一元施設を設けています。

今後もこの様な施設は増えていくと思われますが、実際にはあまり内容は進んでいないようです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ