気象予報士 試験

気象予報士とは、国家資格の一つで指定されている「財団法人気象業務支援センター」が行う試験に合格し、気象庁長官によって登録された人の事を指します。

最近では、気象業務法の改正に伴って、気象庁以外の人も予報業務が行える様になったので、インターネットなどでも気象情報を配信している「ウェザー」などが活躍しています。

気象予報士の業務内容は、気象衛星や地上レーダーなどの観測機器を使って情報を収集し、データをコンピューターで解析して、知識や経験などから天気を予想するものが一般的です。

2012年には、長期予報も時期によって出しても良くなったもで、連休などの際には、お出かけだけでなく、商売にも大きな変化をもたらす天気予報を行う大切な業務です。

365日、毎日移り変わる天気を毎日観測・予想しなくてはならず、就職先によっては長期休暇などが取りづらい職種になっています。

また、台風の時期など、月に何度かは、夜勤などもあり、楽な仕事ではありません。

気象予報士 試験 合格率

気象予報士試験は、毎年「北海道」「宮城県」「東京都」「大阪府」「福岡県」「沖縄県」の6都道府県で行われています。>

受験資格に制限は無く誰でも受ける事ができ、最年少では13歳7ヶ月の男児が合格しています。

しかし、国家試験なだけあって簡単には合格することができず、合格率は5%とかなり低くなっています。

受験料は、11.400円です。

しけんの日程は、基本的に8月と1月に行われていますが、毎回、「財団法人気象業務支援センター」にお問い合わせ下さい。

気象予報士 就職 求人は?

気象予報士の□を取得し気象庁長官に気象予報士として登録されたら、次は就職です。

気象予報士が就職する先は、気象庁などの公務員やお天気予報士、アナウンサー、民間の気象会社などがあります。

アナウンサーの場合、予報された天気を読み上げるだけなら気象予報士の資格は必要ないので、NHKや民間のテレビ会社では気象予報士の資格を持たないアナウンサーが気象予報を読み上げることもあります。

運よくお天気お姉さんなどになれると収入も年収は1000万円弱の年収がもらえるので、かなりアナウンサーへの就職は狭き門っとなっています。

公務員や民間の気象会社などへ就職した場合には、年収は公務員と同じ収入か、一般のサラリーマンと同じ収入になる様です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ