地域包括支援センターとは

地域包括支援センターとは、各市区町村の地域住民の保健・福祉・医療・虐待防止・介護などのマネージメントなどを総合的に行ってくれる機関で、介護福祉法に定められた活動を業務を行ってくれます。

介護福祉法上では各市区町村の地域支援事業を行う機関ですが、要支援・要介護認定を受けた方の介護予防マネージメントも行う介護予防支援事業所でもあります。

在宅介護支援センターと混合してしまう方もいる様ですが、在宅介護支援センターとの違いは、介護支援を行わず、様々な高齢者の予防ケアプランを作成してくれるもので、その活動の一部をご紹介します。

□運動機能向上・栄養改善・腔機能向上・認知症の予防など
運動機能向上や認知症の予防は、事前に病気の進行をおくらせる効果があり、健康に過ごす為に必要な事ですが、なかなか一人では出来ないっと言う高齢者に運動の出来る施設や認知症予防の為行われているディサービスなどの案内をおこなってくれます。

また、栄養改善・口腔機能向上では、一生美味しいご飯を食べられる様に、一生楽しく話しができる様にっと高齢者の生活を考えたプラン作りをしてくれます。

更に、高齢者だけでなく高齢者の家族の相談にものってくれて、財産管理や後見人制度などの相談窓口にもなってくれます。

この様に、地域包括支援センターでは高齢者の総合的な支援を行ってくれ、介護者の悩みの改善にも尽力してくれます。

地域包括支援センターへの就職

地域包括センターで働くには、ホームヘルパー2級などの初級資格の取得だけでは就職は出来ません。

介護福祉士や主任介護支援専門員、保健師や看護師などの資格取得が必要です。

地域によっては、未経験でも採用をしてくれる所もあるようですが、多くのセンターでは病院や介護施設などで相談員を勤めた経験のある方を募集する傾向にあるようです。

センターの業務は基本的にデスクワークが多い様ですが、ほとんどのセンターでは1人のセンター員が200人からの施設利用者を担当するなど残業も多く多忙な仕事内容です。

中には、利用者の自宅でプランの提示などを行う場合もあり施設内での業務だけではありません。

慢性的な人員不足でとても大変な仕事ですが、利用者に未来の明るいプランを提示できる為、魅力的な仕事ですがハードワークをこなせる方にはとってもお勧めの職種です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ