公務員試験とは

公務員とは、職種のひとつで、国または、地方自治体、国際機関等の事務などを行う人のの事やその身分の事をさします。

また、国の中央政府に属する公務員の事を「国家公務員」、地方自治体に属する公務員の事を「地方公務員」と言います。

公務員の代表的な職種には、地方公務員では、警察官・小中学校・高等学校教諭・警察官などが有名ですが、他に都道府県知事・市区町村長・議員などがあります。

また、国家公務員では、看護師・医師・保育士・生活支援員・保健師・助産師・海上保安官・最高裁判官・税務署職員・栄養士・薬剤師などの他に、内閣総理大臣・国会議員・刑務官・皇宮護衛官なども国家公務員です。

公務員試験は、各都道府県ごとに実施されている為、試験日程などは、各都道府県のホームページなどを参考にして下さい。

公務員試験の試験内容は、受ける職種によって様々ですあが、一般知識試験や専門試験と分かれている場合がほとんどです。

また、試験には、最終学歴を目安にしたものになっていて、「大学卒業程度」「短大卒業程度」「高等学校卒業程度」っと程度が分かれている為、職種によっては最終学歴が高等学校卒業でも合格できる職種も多くありますが、合格率は必ず高いわけではありません。

公務員試験の自己PR

公務員試験だけではなく、多くの企業・会社が取り入れている試験の中に自己PRっと言うものがあります。

自己PRは、自分の名前や趣味などを伝えるだけのものではなく、志望する官庁・会社に自分を売り込む為の行為をさしています。

ほとんどの場合が、面接試験のときが、自己PRの機会となっていて、面接官に当職に必要な人材である!っと判断させる事で、採用にかなり近づく事ができます。

具体的には、「自分の性格は○○の様な性格で、○○の様な資格を持っていて、志望している官庁の性質・目標・理念などと合っていて、自分を採用していただいた場合には○○の様な事をやりたい。」っといった様なものが一般的な自己PRですが、最近では一般的な回答以外を求めている企業や会社・官庁が多く、自己分析以外にも受験する会社や企業、官庁の特色を調べる必要があります。

また、面接官は、多くの人材を見ている事から、口だけで自己をアピールしているかどうかはすぐに分かってしまいます。

その為、自己PRを行う際は、自分自身を分析し、客観的に見た自分の性格を知る必要があります。

また、性格だけでは、採用基準には届かないような場合は、スキルアップの為に様々な資格や検定の取得も必要です。

そして、面接試験ではなく、履歴書に自己PRを書く場合には、書店などで、職種によった自己PRの書き方などの書籍も販売されている為、参考にすうのもお勧めです。

近年では、企業や官庁のグローバル化で、外国の言語が話せる人を採用するところも多い為英会話も重要なものの一つです。

アルバイトでも、多くの企業では自己PRを重視しているところが多い為、どこの就職でも大変重要な試験の一つです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ