英語検定とは

英語検定とは、正式名称を「実用英語技能検定」と言い、略称して「英検」と呼ばれている検定で、日本では、最も受験者数の多い検定です。

英検は、公益財団法人日本英語検定教会が実施しています。

英検をうける人の多くは、英語の知識を身につける為や、自分のスキルアップ・高校や大学進学の際に役立てたり、単位取得にも役立てられている他、英語力をはかる為の場しても利用されていて、1級合格者には、国家試験の科目免除にもなる為、多くの受験者が毎年います。

英検は、5級~1級まで7つのステップに分かれていて、5級だと、中学製など、英語を習い始めたばかりの人でも合格できる程度の問題が出題されていて、最近では、小学生の受験率も高くなっています。

4級では、少し実用的な問題が出題されますが、それでも中学中級レベルで読解問題なども出題されます。

3級では、中学卒業レベルの問題が出題され、長めの長文や面接試験も行うようになります。

準2級では、高校中級程度の問題が出題されるようになり、難易度がグッと上がります。

2級では、高校卒業程度の問題が出題され、仕事場などでも使える英語や社会的な読解問題などが出題されます。

準1級では、大学中級程度の問題が出題され、テーマに沿った英文を書く問題が出題され、また難易度が上がります。

1級では、二次試験があり、スピーチを行う問題が出題され、大学上級程度の問題が出題されます。

英語検定 合格ライン

英語検定の合格ライン・合格点は、各級ごとに違いますが、1次試験では、1級・準1級は満点の70%程度が合格ラインで、2級~5級が満点の60%程度二次試験では、1級~3級まで満点の60%程度の点数が合格ラインです。

英検の勉強や試験対策には、過去問題集や英単語集などの利用だけでもごうかくできる級も多いですが、級が上がるごとに出題範囲も増え難易度も上がります。

自己学習ではなかなか勉強できない方には、英検スクールなどの受講もお勧めです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ