福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者など、介護が必要な方、又はその家族に対して、住みやすい住環境を提案する専門職の事で、建築士やケアマネージャーなどと連携をとりながら、介護が必要な方が最も住みやすい環境も提案は元より、住宅改修・改装などの提示や福祉用具などを取り揃えている店舗や施設などの紹介も行う職種です。

福祉系の資格としては珍しく、受験資格は特に設けられていない事から、誰でも受験する事ができる資格で、試験は、東京商工会議所が主催しています。

検定試験は、年に2回受験でき7月と11月頃試験は実施されます。

3級と2級は同時受験が認められていますが、1級は、2級に合格していないと受験できません。

受験後の就職先は、今でも多くは無く、合格者の多くは、リフォーム関係や工務店などの建設関係会社に就職する人が多く、多くの受験者は、福祉用具専門相談員やホームヘルパー・介護支援専門員などの福祉関係職の方が自分のスキルアップの為受験する事が多い様です。

福祉住環境コーディネーター合格率

福祉住環境コーディネーターの合格率は、3級の場合で、40%~60%と受験年によって幅がありますが、半数程度は合格できています。

3級の問題のほとんどが、福祉と住環境に関する基礎知識や能力を確認するための試験で、福祉住環境コーディネーターの入門テストの様な感じで受験している人も多くいます。

3級であれば、市販のテキストや過去問題集など独学の勉強で合格できる可能性が十分にあります。

3級の受験料は、4200円ですが、3級と2級同時に受験する事も可能な為、2級から受験する人も少なくありません。

2級の場合は、10%~50%と、受験年度によって合格者の幅が広く、やはり3級よりは難易度も上がっています。

2級の試験の場合、100点満点中、70点以上が合格といった合格基準があります。

2級の受験料は、6300円です。2級までなら、販売されている書籍や、過去問題集、テキストなどを使い独学でも合格は夢ではありません。

1級の場合は、2%程度から6%程度の合格率しかなく、平成16年からの合格率で10%を超えた事がないほど、かなり難易度が上がります。

また、1級の受験には、2級を合格した者しか受験できない為、かなり狭き門となっています。

1級の受験料は、10500円と、多少高くなります。また、1級の勉強の場合には、独学では、かなり難しく、多くの人は、各資格スクールでの講座や、通信講座の利用者も少なくありません。

それぐらい、1級の合格は難しいようですが、合格できれば、福祉施設利用者や要介護者・その家族の為のなお手伝いができる為、多くの受験者がいます。

福祉住環境コーディネーター求人

住環境コーディネーターの資格を取得後、気になるのは就職先です。

この資格を取得した方の多くは、建築関係・福祉関係・医療・保健関係の会社に就職された方が多いですが、上記の就職には、住環境コーディネーターのみの資格では就職できないことが多いです。

特に住環境コーディネーターの資格は、自分のスキルアップに上記の仕事をされている方が受ける事が多く、中には有資格者には資格手当てを支給している企業もあります。

しかし、住環境コーディネーター教会に入会していると就職や職場に関する情報収集ができる為活用してみるのも良い手だと思われます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ