歴史能力検定とは

歴史能力検定とは、歴史能力検定協会で運営・試験実施を行っています。

一般に歴史検定または、歴検とも呼ばれます。

最近では、歴女という、歴史好きの女性が増えた事もあり、注目を集めています。

歴史検定の申し込みには、個人申し込みと、団体申し込みがあり、中には、塾や、学校、企業からも団体で、受験の希望者が多数いるようです。

試験の内容は、日本の文化的背景・歴史的背景など、更に、3級以上では、様々な国の地域や、歴史・伝統・文化などが、出題範囲という事で、出題範囲は、社会科・近代史・世界史など、様々な分野から、出題されますが、山川出版社から出されている過去問題集・対策問題集などが、級ごとに発売されています。

また、中には、独学で、学校で使っていた、教科書で、勉強したという方もいらっしゃいます。

そんな歴史検定の合格率は、5級で、90%前後、歴史の入門辺という事で、しっかり勉強すれば、合格は間違いないです。

4級は、80%前後、5級よりは、難しくなるものの、合格率は、高いままです。

3級は、50%前後、3級から、世界史・日本史と、2分野から、出題される為、合格率が、多少、低くなってしまいます。

2級は、35%前後、さすがに、2級にもなると、合格率も低くなってしまいます。

1級は、20%前後…やはり、1級は、難しいんですねぇ!

しかし、他の検定試験と比べて、1級の合格率は、低くありません。

しっかり勉強して、試験に挑めば、合格できる確立も高いといえる試験です。

また、歴史試験の2級以上を取得していると、高等学校卒業程度認定試験の受験科目『日本史B』『世界史B』が免除されます。

など、免除される試験内容が多数あります。

就職の際にも、様々な企業が興味を示す、検定だと言えますが、歴史検定を持っていた為、就職先が決まったなどの話しは、聞きません……

しかし、冒頭に書いたとうり、歴女という歴史好きの女性も多いので、男性は、歴史検定を取得して、女性との会話の弾みなするなども出来るかもしれませんねぇ!

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ