日本語能力検定試験とは

日本語能力検定試験とは、財団法人日本国際教育支援協会と、独立行政法人国際交流基金が、主催する検定試験です。

日本語を母国語としない方を対象に日本語能力を認定する試験で、日本を含めて、世界58カ国や地域で実施されています。

受験者は、主にアジア圏の方が多く、1番に中国の方、2番目に韓国の方、そして、日本国内にいる外国人の方、と、他は、タイや、台湾、ベトナムインドネシアなどの方が多く受験している検定試験です。

しかし、出願方法は、出願書類の販売を行っているのは、日本国内に限っていて、海外在住の方は、受験案内の購入や、受験料の払い込みなど出願書類の送付まで、日本国内の家族や、知人に代行してもらわなければならない…

さらに、受験票・合否結果通知及び、合格書の送付先も日本国内の住所に限っています。

しかし、試験実施地域は、日本の場合、全国の主要都市で受験する事ができます。

そして、海外の方の場合は、海外で試験を受ける事ができますが、実施都市については、財団法人交流協会のホームページで、検索する事ができます。

日本語能力検定試験の勉強方法は、日本で勉強する場合、通信講座・通学講座などでも勉強する事ができますが、書店でも、過去問題集などの本も販売されています。

様々な勉強方法があるので、自分にあった勉強方法を見つける事も大切です。

日本語能力検定試験の合格率は、N1が、35%前後、N2が、50%前後、N3が、40%前後と、全他的に、難しい試験の様です。

更に、日本語能力試験に合格した方は、海外で、日本語講師などとして、勤めたり、日本で、通訳として、活躍している方もいらっしゃいます。

少し難しい試験ですが、しっかり勉強すれば、様々な職種の仕事に就ける事が大きなメリットです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ