ニュース時事能力検定とは

ニュース時事能力検定とは、テレビや、新聞などのニュースを読み解く為の『時事力』を、認定するもので、時事問題に欠かせない社会の仕組みや社会の流れなどの知識を1級から5級まで、段階を分けて行う試験の事です。

試験の内容には、政治・経済・暮らし・国際問題・社会・環境などの6つのテーマから出題されます。

ニュース時事能力検定の、勉強方法は、検定問題の約60%が、テキストなどから出題されるため、受験者の80%以上の人は、公式テキスト・過去問題集などを活用して勉強を行う人が多いです。

ニュース時事能力検定の合格率は、5級は、90%以上、小学生・中学生程度の試験内容の為、しっかり勉強すれば、ほtんどの方が合格できます。

4級は、70%前後、中学生から高校生程度の試験内容です。多少5級よりは難しくなりますが、合格率は、高い方です。

3級は、50%前後、高校生から大学生程度の試験問題が出題されます。

しっかり勉強しても半分の方しか合格できませんが。

2級は、40%前後、大学生から、社会人中級程度の試験内容です。

ニュースを批判的に読み解く力などが、必要になる為、すこし難しい級になっています。

1級は、15%前後、社会人上級程度の試験内容で、合格点も、5級から2級までは70点で合格なのに対して、1級は、80点からが合格ラインです。

ニュース時事能力検定を取得する人は、多くが、高校・大学などの受験生が多く、学校によっては、ニュース時事能力検定を取得している人は、試験の一部が免除される場合もあります。

更に、就職の際にも、面接時などに役に立つ事があります。

大手金融機関や、広告代理店、新聞社、放送局などの面接で、役にたったと語った大学生も多くいるようです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ