ハングル能力検定試験とは

ハングル能力検定は、特定非営利活動法人ハングル能力検定協会が、実施する試験で、日本人と、在日韓国人を対象に朝鮮語の試験です。

「ハン検」と呼ぶ人も多いです。

ハングル能力検定試験は、朝鮮語の試験なので、韓国でも開発されているかと思われる方も多いでしょうが、実は、日本でしか実施していない試験なんです。

試験の実施場所は、東京・大阪・福岡の3箇所で実施していて、5級~1級まで、試験内容も幅広いです。

ハングル能力検定試験の合格率は、5級で、80%前後、4級で70%前後、3級で、70%前後、準2級で、15%前後、2級は、10%前後、1級は、5%前後となっています。

3級くらいまでなら、頑張って勉強すれば、受かる確立は高いですが、準2級から、難易度が、かなり上がり、難易度はかなり高いといえる。

日本人は、一般的に、朝鮮語を目にする事も無い為、勉強も大変そうだ。

こんなに難しい試験ですが、しっかり勉強して試験に臨めば、合格できるでしょう。

そこで、ハングル能力検定試験の勉強方法ですが、書店などで、ハン検の過去問などが載った教材は、沢山売っています。

その中には、CDなどが、セットになっていているものもあります。

全ての試験に、「筆記」「聞き取り・書き取り」があるので、CDなどで発音を確かめながら、勉強すると良いでしょう。

また、通信講座などでも、韓国語の講座を行っていたり、韓国語の教室があったり、また、NHKでも韓国語のテキストを販売しています。

自分にあった勉強法を見つけて頑張って勉強をして下さい。

皆様の合格をお祈り申し上げます…。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ