ビジネス実務検定試験とは

ビジネス実務検定試験とは、ビジネスに必要なコンプライアンスや法令遵守能力の基礎となる知識を身につける事が目的の試験で、東京商工会議所が主催している検定です。

受験資格は、3級と2級では、制限が無いものの、1級は、2級合格者のみが受験できる制限を設けています。

3級は、基礎的法律に関する問題が出題されるので、社会人全般の方や学生も受験希望者が多いです。

合格率も、3級の場合は、70%前後です。気は抜けませんが、決して難しい試験とは言えません。

2級の場合は、3級の基礎的法律にプラスして、専門的な実務経験者と同様の知識が問われるので、合格率も40%とかなり低くなります。

1級の場合は、ビジネス全般で必要な法律知識が必要になってくるので合格率は、10%を切る事が多いです…。

専門的知識が必要で、合格率も高い方では無いので、受験を諦めてしまう方もいるでしょうが、専門的な知識の他に、お勤めの外部企業との相談などでもこの資格を持っていると役立ちます。

テキストや、問題集などは、東京商工会議所公式の物が販売されています。

更に、ビジネス実務検定試験は、予備校や専門学校、などでも勉強を教えてくれます。

その場合は、多額の費用がかかる場合もあるので、事前に調べておくと良いでしょう。

中には、問題集だけで1級まで合格してしまう方もいるので、自分に合った勉強法の教材などを探すのも良いでしょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ