サービス接遇検定とは

サービス接遇検定とは、サービスに関する専門知識、一般知識を習得出来る試験で、財団法人実務技能検定協会が主催する検定です。

以前は、接客業や、販売業の方が取得する事が多かったのですが、現在では、一般企業、病院、教員などでも取得する人が多くなって来ています。

サービスマナーを身に着けておけば、どの様な仕事でも扱えて、特に、来客や、お客様に対して素晴らしい接客が出来るでしょう。

その為、2級以上の方は、履歴書に記載しておくと一定の評価をしてくれる企業も増えています。

受験資格は、性別、年齢、学歴など関係なく受験する事ができます。

試験日程は、どの級も、年に2回試験が行われています。

通常6月と11月ですが、1級の面接試験は、試験会場などによって違う事もあるので、事前に調べておきましょう。

サービス接遇試験の合格率は、3級で、80%前後、2級で、70%前後準1級で、70%前後、1級では、20%と、準1級と1級の間には大きな壁があるようです。

この様に、サービス接遇検定は、しっかりと、勉強をすれば合格できる試験なので、営業職、事務職、サービス業の方だけでは無く、就職活動中の学生の方、教諭を志望している方や、自分のスキルアップの為に取得する方と様々な人が受験をしています。

勉強にも、専門学校や、通信講座などでも教えてくれるます。

すごい学校では、3級の合格率100%という学校もあるので、自分にあった学校選び、教材選びが大切です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ