秘書検定とは

秘書検定とは、正式名称「秘書技能検定試験」と言います。

通称で、秘書検定、秘書検と呼ばれる事もありますが、全て秘書技能検定試験の事をさしています。

秘書検定は、秘書の職務を理解し、業務に関しての知識や技能を試される試験で、必要とされる資質としては、

■職務知識
■一般知識
■マナー・接遇
■技能
が、必要な資質と言われています。

2級と3級は、マークシート方式の試験のみですが、準1級からは、面接試験も行われる。

資格の種類としては、民間資格の為、比較的取得しやすい試験の様だが、マークシート試験では、60%以上の正解率で合格という合格規準を設けている。

3級2級に関しては、年3回試験が実施されているが、1級に関しては、年に2回の検査を行っている。

秘書技能検定試験は転職や、就職活動にとても役立つと言われていて、学歴、年齢性別に制限が無く全ての希望受験者が受験できる。

自分のPRの為や、社会人としてのマナーを持つという意味でも受験しておくのも良い事だと思います。

秘書検定の合格率

秘書検定の合格率は、3級で、60%から70%、2級で、50%から40%、1級では、30%から20%の合格率です。

1回の試験では、7から8万人ほどの方が受験しているんですが、3級でも30%の人が不合格になってしまっているので気が抜けません。…

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ