税理士試験の合格率

平成22年度の税理士試験は、札幌市、仙台市、埼玉県、東京都、金沢市、名古屋市、大阪府、広島市、高松市、福岡市、熊本市、那覇市の計12箇所で試験は行われました。

受験者数は、51468名の方が受験しました。

そして受かったのは、999名、合格率は、16.4%とかなり低い合格率です。

受験者数で、1番多い地域は、東京都で、27371名が受験しています。

税理士の仕事内容

税理士の業務内容は、

■「税務代理」税務官公署からの租税に関する法令又は、行政不服審査法に基づく申請、請求、不服申し立てを代理、代行する事。
■「税務書類の作成」税務官公署に提出する申告書、申請書、請求書、不服申立所を作成する事。
■「税務相談」租税の課税標準の計算などに関する相談に応じる事。

と、お金、税金に関する、相談や資料作成、代理、代行を行ってくれる仕事の様です。

会社を経営されていたり、お給料の高い方、生命保険などの払い込みを受けた事がある方などは、1度は仕事を依頼した事があるのではないでしょうか?

税理士業務のIT化

税理士業務は、現在、e-japan戦略の一環で、e-tax(国税電子申告、納税サービス)のIT化が税理士業界にも急速に進んでいる。

2008年にNTTデータが、税務情報流通ゲートザイモンサービスを開始した事もあり、顧問先企業へのサービスの提供という税理士業務のIT化が急速に進んでいる。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ