司法書士とは

登記、供託、に関する手続きや、これらに関する審査請求手続きについて依頼人に代理して依頼された裁判所、検察庁、法務局に提出する書類の作成を行う。

また、成年後見人制度、不在者財産管理人、相続財産管理人、遺言執行人、破産管理人などの業務を行います。

そして、簡易裁判所などで、訴訟代理と、紛争の目的の価額(140万まで)の相談に応じて、更に、裁判所で和解にかんする代理などの業務を行う事。

司法書士は、法律業務を仕事とする国家資格です。

司法書士試験の日程・取得の方法

司法書士試験は、法務省が実施している司法書士試験に合格する事で司法書士になれます。

司法書士試験は、毎年7月第1週又は第2週の日曜日に各法務局の管轄の受験地で試験が行われます。

試験の 内容は、まず、「筆記試験」が行われます。

そして、「筆記試験」に合格した人だけが「口述試験」を受けます。

「筆記試験」では、供託法、民事訴訟法、民事執行法、民事保全法、司法書士法、不動産登記法、商業登記法の11科目から出題されます。

そして、「民法」「不動産登記法」「商法」「商業登記法」は主要4科目と呼ばれていて試験の出題数の大半を占めているようです。

試験の難易度は、非常に高いと言われています。

そして、司法書試験の合格率は、ここ数年の平均では2.8%前後と言われていて非常に難しい国家資格であることが分かります。

平成23年(2011年)司法書士試験の日程

平成23年の司法書試験は、平成23年7月3日(日曜日)に筆記試験が実施されます。

そして、平成23年司法書士試験予備試験の試験地は、札幌市、仙台市東京都、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市で開催されます。

詳しい試験会場は、官報または、法務省のホームページで随時掲載しているようです。

そして、法務省のホームページでは、予備試験の結果やサンプル問題なども掲載していますので、受験を考えていらっしゃる方は、1度法務省のホームページを確認してみると良いと思います。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ