建築士とは

年1回行われる建築士試験に合格して、国土交通省又は、都道府県知事から免許をもらえば建築士として仕事が出来ます。

2級建築士は、都道府県知事から免許をもらえば2級建築士として仕事が出来ます。

2級建築士が設計、工事管理が出来る限度が決められています。

■学校・病院・劇場・映画館・公会堂・集会場・百貨店などの建築物は500平方m未満の物。
■木造建築物は、高さが13メートルを超えないもの
■鉄筋コンクリートの建築物にも、細かい限度があります。

と、2級建築士の資格を取っても、設計・工事管理が出来る範囲が細かく決められています。

その詳細は、国土交通省のホームページでも掲載しています。

2級建築士の受験資格

■大学、短期大学又は、高等専門学校で指定科目を修めて卒業した人
■高等学校又は、中学校で、指定科目を修めて卒業した人
■その他都道府県知事が特に認めた人
■建築に関する学歴が無くても7年以上建築業務を仕事としている人
上記の4つに該当する人が、2級建築士の受験資格がある方達です。

そして、2級建築士の合格率ですが、最近の合格率は23,9%と、難しい試験の様です。

2級建築士試験の解答

2級建築士試験の解答は、速報で日建学院や総合資格学院などで採点をしてくれるようです。

様々な塾の様な場所があり、色々な試験の勉強をしてくれます。

そして、試験の解答の、早い所では、試験会場を出たらすぐに机を並べて解答を教えてくれる様ですが、その後、試験に落ちた人は、そのまま勧誘されるんでしょうか?

詳しくは、まだ分からないので、分かり次第更新したいと思います。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ