税理士とは…

税理士とは、税務に関する専門家として、各種税金の申告、申請、税務書類の作成、税務相談、税に関する不服審査手続きなどを行ってくれる。

税理士試験に合格して2年以上の実務経験を持つ人、23年以上税務署に勤務した国税従業者、公認会計士、弁護士などが、税理士名簿に登録をして初めて税理士として税務に関する仕事が出来る様になります。

日本には、4大税理士法人があります。

■KPMG税理士法人
■新日本アーンストアンドヤング税理士法人
■税理士法人トーマツ
■税理士法人プライスウォーターハウスクーパー

東京、大阪、名古屋に点在していて、4大税理士法人では、1法人500人を超える人がいる。

税理士試験の受験資格は…

大学、短大、高等専門学校を卒業した人、又は、法律学、経済学に属する科目を1科目以上習得した人、専門学校で、日本商工会議所主催の簿記検定1級をとった人、税理士、弁護士、公認会計士などの業務を3年以上務めた人。

などが、税理士試験の受験資格がある人です。

しかし、もっと細かい内容がありますので、受験したい方は、1度調べてみるのもいいですねぇ!

そして、試験の日程は、例年、年1回、8月第1週の火曜日、水曜日に札幌市、仙台市、埼玉県、東京都、名古屋市、金沢市、大阪府、広島市、高松市、福岡県、熊本市、那覇市 で試験が行われます。

なお、詳しい内容は、国税庁のホームページに記載されています。

税理士試験の試験委員…

税理士試験試験委員は、毎年、国税庁が発表しています。

平成23年 第61回税理士試験委員は、簿記論4名財務諸表論4名、法人税法2名、 所得税法2名、相続税法2名消費税法2名、酒税法1名、固定資産税1名、事業税1名住民税法1名、国税微収法1名が勤めています。

税理士試験委員は、大学教授や、公認会計士、税理士、国税庁、総務省に現職で勤めている人がなっています。

なので、詳しく、税理士試験委員になる為になにをすれば良いかは分かりません…。

現在、税務関係の仕事をしていて、試験委員を希望される方は、国税庁などにお問い合わせ下さい。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ