教職員採用試験の日程

教員試験の日程は、各都道府県の教育委員会が主催するもので、試験日日程は、各都道府県が決定するものですが試験日は、ある程度、統一されています。

これは、受験生が、教員採用試験の掛け持ちをしない様にとの配慮からだと思われます。

北海道では、7月第一日曜日に試験が行われます。

関東甲信越、静岡では、7月の第2日曜日に試験を行います。

愛知、岐阜、三重では、7月20日を過ぎてから試験を行います。

近畿、中国、九州では、夏休みの最初の日曜日に。

東北地方では、7月23日~26日頃に試験が行われます。

教員採用試験での出願方法は、必要書類を全て揃え、直接教育委員会に提出する場合や、郵送出願が出来る地域もあります。更に、郵送出願の場合は、郵送締め切りが、消印有効の場合と必着の場合があります。

出願する地域によって異なるので、事前に調べておいた方が良いでしょう。

そして、合格発表は、各教育委員会などで、直接合否を言い渡される事が多いです。

そして、合否発表後、合格者は、教育委員会、学校長などの面接を行い赴任校が決まります。

実際に採用が決定するのは、11月下旬から3月までかかる地域もあります。

そして、国家公務員を含む試験に受けたい社会人、受験生の為に、教員採用試験を専門に教鞭をとってくれる大学や、専門学校、塾などもあります。

塾などでは、模擬試験も用意していて、試験に向けて万全の体制で教鞭をとってくれます。

教員採用試験の内容

教員採用試験には、「教職教養試験」「一般教養試験」「専門教養試験」「論文試験」「面接試験」「集団討論・集団活動」「技術試験」「その他」と多くの試験があります。

「教員教養試験」では、教育法規や教育課程などの試験を行います。

「一般教養試験」では、国語、算数、理科、社会、英語などの基礎的な試験内容です。

「専門教養試験」では、それぞれ選考する教科の専門性が問われるので、難易度が高くなります。

ただし、小学校教諭試験の場合は、小学校で指導する全教科から満遍なく問題が出るので難易度はそれほど高くありません。

ここまでが、1次試験で出される試験内容です。

「論文試験」「面接試験」「模擬授業」「集団討論・集団活動」では、それぞれの内容が異なりますが、基本的には、思考、答え方など様々な観点からの試験を受けます。

「技術試験」では、小学校では、1教諭が全教科を教える為、ピアノ、デッサン、水泳などの実技試験を行います。

中、高校は、技術、音楽、美術、体育、英語のリスニング能力などを試験で行います。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ