日傘とは

日傘とは、太陽の光の中に含まれる紫外線や強い日ざしを肌に当てない為にさす傘です。

一般的に春から秋程度まで使う方もいますがもっとも多く使われる時期は夏になります。

日傘は一般的に黒を使うかたが多いですが、実はこの色には理由があります。

白い日傘も販売されていますが、太陽から降り注ぐ紫外線は防げても道路などに反射した光を白い傘はさらに反射し肌に紫外線を当ててしまうためなのです。

そのため、表は白でも中は黒や両面とも黒やグレー、紺色などの日傘になってしまうのです。

しかし、近年では白い日傘でもその反射を防ぐ仕様のものが販売され始め、明るい色を好む方に人気があるようです。

日傘は女性が持つことの多い傘でしたが、最近では男性も日焼けや皮膚の病気などを気にして日傘をさす人が増え始め、男性用の日傘もあります。

女性の日傘よりも男性の日傘の方が作りが大きく作られているため、女性が男性用日傘を利用することもあるようです。

日傘の形にも通常の傘と同じように雨の日にも使うことのできる『晴雨兼用傘』や持ち運びに便利な折りたたみの日傘もあります。

使うシーンに合わせ、その日の変わりやすい天気に合わせて何種類か持っていると便利ですね。

日傘 選び方

日傘を利用する方は、太陽の光や紫外線を肌に当てない為や、熱すぎる夏を快適に過ごすために使われます。

日傘を購入する際には、使う用途や防ぎたいのが、日の光なのか、紫外線なのかで分かれます。

日傘には、『遮光率』の高い日傘と、『紫外線カット率』の高い日傘があります。

『遮光率』とは、太陽の光を浴びないための傘で、このタイプの日傘をさしているとある程度涼しく過ごすことができます。

しかし、『遮光率』は高いものの、紫外線はカットしないので、紫外線は肌に吸収されてしまいます。

『紫外線カット』の日傘は、文字通り紫外線をカットしてくれる日傘ですが、遮光はカットしないので、傘ごしに日の光が入るため本当に紫外線がカットされているのか不安に感じる方もいるようです。

また、日傘の色についても『遮光率』を重視するのと『紫外線カット』を重視するのとでは選び方が違います。

まず『遮光率』を気にする方は、黒や紺など地味な色は避け、白やシルバーなどの色を選ぶと良いでしょう。

黒に近い色は、太陽の光を吸収して傘自体が熱くなってしまうため、中の人も熱く感じてしまいます。

『紫外線カット』を重視する場合には『遮光率』での選び方とは逆で、白やシルバーなどの色は避け、黒や紺などの地味な色を選びましょう。

白やシルバーの色は、地面に反射した紫外線をさらに反射し、肌に紫外線を当ててしまう可能性があるためです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ