うどんとは

うどんとは、麺類の一つで、小麦粉と塩、お水をこねて伸ばしうどんの太さに切る麺になります。

この切ったうどんは、たっぷりのお湯で茹で温かい汁や冷たい麺つゆなどに付けて食べます。

うどんは、蕎麦よりも古い歴史があり、奈良時代にはうどんが食べられていたといわれています。

また、江戸時代になると白飯の他に一般的な食べ物として知られていたようです。

饂飩とも書くうどんは、昔から食べられ、現代でも風邪のときにはうどんを言われるほど胃腸に負担をかけない食べ物として知られています。

うどん 種類

うどんには様々な種類があります。

麺自体が細いうどんには『冷麦』や『素麦』、また麺が横に薄く太い麺ではきしめんやほうとうなどがあります。

さらに、うどんの上にのせる具材などの違いでも様々な種類があります。

蕎麦のような『ざるうどん』や『ぶっかけうどん』の他にも、『釜揚げうどん』、や卵を乗せた『月見うどん』、

山菜をのせた『山菜うどん』、おもちを乗せた『力うどん』、また、和食のイメージの強いうどんですが、カレーを乗せると『カレーうどん』にもなります。

多くの食べ方が楽しめるうどんですが、地域によっても様々な呼び方のうどんがあるため一言でうどんと言っても様々な楽しみ方があります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ