そばとは

蕎麦(そば)とは、タデ目タデ科ソバ属の植物を原料にした麺料理の一種です。

このソバの殻を取り除いた実をすりつぶして粉状にしたものを蕎麦粉(そばこ)と呼び、

つなぎとして、小麦粉や山芋、卵などを入れてこね、延し某で伸ばし蕎麦の形に切ったものをお湯で茹でて食べます。

近年、日本の旅行する外国人の増加で、外国の方々にも人気が出ている蕎麦ですが、日本で蕎麦は、香を楽しみながら食べる習慣があるため

世界の人々は、その感覚を美徳として、伝えています。

なんと、この蕎麦は、日本では、16世紀から17世紀頃には、信濃国や甲斐の国で食べられていたようです。

最近では、ダイエット効果があるとテレビで伝えられ、昼食などに健康を意識した人たちが多く食べることの増えたそばですが、

日本では、大晦日の日に、蕎麦のように、細長く生きる事ができるようにと願いを込めて、蕎麦を食べる習慣は今でも多くの地域で残っています。

この週間は、江戸時代に生まれ、平成になった現代でも残っている週間です。

蕎麦を食べる際には、わさびやネギ、小ねぎなどを麺つゆに入れて、蕎麦を麺つゆに付けて食べる食べ方が多いです。

また、蕎麦を食べ終わったら、残った麺つゆに、蕎麦を茹でたときのお湯を入れて、蕎麦湯として飲む人も多くいます。

蕎麦 種類

そばの種類には、まずつなぎとして入れる、小麦粉や卵、山芋の分量によってのそばの種類があります。

蕎麦粉のみでつくられた蕎麦は、『十割そば』と呼ばれています。

『十割そば』は、その名のとおり、蕎麦粉以外のつなぎを何も使っていないそばになります。

また、『九割そば』は、9割りは、蕎麦粉で残り1割りが何らかのつなぎを使っている蕎麦になります。

次に、『二八蕎麦』は、8割りは、蕎麦粉で残り2割りが何らかのつなぎを使っている蕎麦になります。

続いて、蕎麦の食べ方の種類では、まず、温かい蕎麦か冷たい蕎麦に分けられます。

どちらも、のせる具材などに違いはないものの温めているか、冷たくしているかの違いだけの蕎麦もあります。

他には、温蕎麦や、もりそば、ざるそばなどの種類があります。

もりそばとざるそばの違い

もり蕎麦と、ざる蕎麦の違いは、多くの方が海苔が乗っているかで違いを見極める人もいるようですうが、詳しく言うと少し違うようです。

『もり蕎麦』は、江戸時代のころ、『ぶっかけ蕎麦』と呼ばれていました。

その名の通り、蕎麦にすでにつゆがかかった状態のものを『ぶっかけ蕎麦』と呼び、これを『もり蕎麦』と呼びました。

この『もり蕎麦』と、麺つゆに付けて食べる蕎麦の区別をするために、『ざるそば』という言葉が誕生。

また、盛り付ける器が、せいろのものは、『せいろ蕎麦』とさらに区別されるようになったといわれています。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ