エイプリールフールとは

エイプリールフールとは、毎年4月1日には嘘をついてもよいとする日です。

地域によっては、4月1日正午まで嘘をついてもよいとする地域もあるようです。

英語圏で、エイプリールフールとは4月1日に嘘でだまされた人のことを指す言葉として使われています。

どちらも、4月1日には嘘をついても良い日とされています。

このエイプリールフールは、どのようにして作られたのかは定かではありません。

しかし、イングランドの王政復古の記念祭のオークアップルデーが起源とする説や、

ヨーロッパで新年を変える暦が採用され、それに反発した民衆が嘘の新年として4月1日に騒ぎその騒ぎを鎮めようと

騒いだ人々を次々に処刑し、その処刑された人々を忘れないためにエイプリールフールが作られたなどの説があります。

さらに、インドの悟りの修行は春分の日から3月末までの間行われていましたが、迷いが生じるということから

4月1日を『揶揄節』と呼んだことからエイプリールフールが始まったとも言われています。

エイプリールフール 冗談

エイプリールフールの日には、世界中はもとより日本でも新聞やテレビでも嘘が報道されることがあります。

この冗談のような嘘は、企業などが冗談で広告を出します。

この冗談も、CMなどでありえない放送が行われ、物議をかもしたこともあるようです。

中には、多くの人が亡くなった地震などのニュースをエイプリールフールのネタとして使い大きな問題になったことも…。

この嘘の規模も、個人の小さな嘘から、大企業が仕掛ける大きな嘘、嘘と本当のことと理解しづらい内容もあります。

2015年には、ジュースを販売している大企業が、目薬を開発したという宣伝が行われたりしたようです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ