千羽鶴とは

千羽鶴とは、折り紙の一種でないか願い事をしながら折り紙で鶴を折ります。

日本人にとって折り紙のなかでは最もポピュラーな折り紙として知られる鶴、

折鶴が折られるようになったのは、江戸時代のころと言われています。

現在では、千羽折った折鶴を病気の快癒や長寿の願いを込めてプレゼントします。

この病気の快癒や長寿のお祈りに鶴を贈る一つの理由には、

『鶴は千年、亀は万年』という慣用句があることや、

第二次世界大戦中、広島市に投下された原子爆弾によって被爆しその後、白血病で死亡した佐々木禎子さんが

生前に白血病の快方を願い、折鶴を折り続けたことなどから今でも入院中の方などにプレゼントされています。

そのため、世界でも折鶴は世界平和の象徴として知られ、広島平和記念公園に千羽鶴が供えられています。

千羽鶴 おり方

千羽鶴の折り方は、とても簡単なので、老若男女多くの方が折ることができる折り紙です。

しかし、古くからある折り紙は、色や柄などを選ぶところから始められます。

折鶴は日本に古くから伝えられているため、単色の色の折り紙よりも、和柄などの入った折り紙で鶴を折ったほうがそれだけで美しく出来上がります。

鶴の折り方は、教えてくれる方によって様々な折り方があり、どれが正解とは言えません。

綺麗に折るためには一つ一つの工程をしっかり行い、折り目をしっかりつけることを心掛けて作りましょう。

また、千羽鶴は、折った鶴の胴をつなげて糸と裁縫用の針を使ってつなげてゆきます。

全てつなげてから一番上をリングなどですべての糸をつなげてあげると受け取った方も飾りやすくなります。

このつなげる鶴は、柄や色などを確認しながら作ることでとてもきれいな千羽鶴を作ることができます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ