わさび 歴史

わさびとは、『山葵』と書き、アブラナ科の多年草で日本の古くからの特産物です。

わさびは、年間をとおして、13度程度から16度程度の水の流れの強弱が一定で、水、空気のきれいなところで栽培や自生します。

日差しにも弱くて、日差しを遮る落ち葉などがある環境などで育つため、多くの場合、山などの谷間で育てられることが多いです。

わさびを食用として食べ始めた歴史は古く、奈良時代の『本草和名』にも記載されているようです。

また、鎌倉時代になると、すでに食用として食べられ始め、江戸時代になると栽培がおこなわれていました。

この栽培の場所は、現在でも山葵の名産地として知られる静岡県で栽培されていたようです。

山葵の種類には、大きく分けて2種類あり、本わさびと、西洋わさびの2種類があります。

まず、日本原産の本わさびは、さらに分けると、沢わさびと、畑さわびに分けられています。

沢わさびは、水のきれいな湧き水で栽培された本わさびを指します。

畑さわびは、比較的に湿気の多い畑や現在ではビニールハウスなどでも栽培されるわさびになります。

しかし、どちらのわさびも2年から3年ほど収穫には時間がかかり、状況が整わないと、成長しない栽培は難しいものになります。

また、西洋わさびは、一般的に北海道などで栽培されているわさびになっています。

本わさびと違い、栽培が簡単で、本わさびとは明らかに見た目が違います。

多くの家庭で使われているチューブ型のわさびは、この西洋わさびが主に使われています。

しかし、辛味は本わさびと同じく辛い山葵になりますが、本物の本山葵を食べると、チューブ型の山葵が食べられないといった方もいるほど、味に違いがある山葵もあります。

わさび レシピ

山葵は、食事の際に薬味として利用されることの多い食材になります。

昔から有名な使い方としては、お刺身を食べる際に醤油と山葵を付けて食べる方法やお寿司での薬味、

お蕎麦などでの薬味や、天ぷら、お肉を食べる際にも使われることもあります。

また、山葵特有の辛味を生かして、お新香やおにぎりの具などでも使われることもあります。

料理の裏方として際立つ山葵ですが、静岡などの旅行の時には、本わさびの焼酎割や花山葵の天ぷら、お浸しなど様々な食べ方で山葵を堪能することができます。

また、山葵を買った時の保存方法は、すりおろした場合には、すぐにラップに包み、冷凍することで保存が可能です。

山葵はすりおろしてしまうと、辛味がどんどん薄くなってしまいますが、すぐに冷凍するとそれほど鮮度も落ちる心配はありません。

使うときに使う分だけ取り出れるように保存することが大切で、解凍と冷凍を繰り返すと鮮度が落ちるので避けましょう。

また、わさびの根元部分の保存方法は、水に濡らした新聞紙などで包み、その上からラップで包んで冷蔵庫で保存すると1か月程度が保存が可能です。

山葵のすりおろし方は、できるだけ目の細かいおろし器で『の』の字を書くようにゆっくりすりおろすことが大切です。

山葵の辛味成分は、揮発性なのでおろしたらできるだけ早く食べる事が最も大切な食材になります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ