七夕 歴史

日本では、七夕の歴史は古く、一年間の節句をあらわす五節句の一つにも数えられる『七夕』

『七夕』は、たなばたや、しちせきとも呼ばれます。

毎年、7月7日の夜に願い事を書いた短冊や飾りなどを笹の葉につるして星にお祈りする行事になります。

また、七夕になると、『彦星と織姫』の伝説を思い出される人も多くいるでしょう。

実は、この『彦星と織姫』の伝説の話は、日本古来の話ではなく、奈良時代に中国から伝わった『乞巧奠(きこうでん)』が元と言われています。

『乞巧奠(きこうでん)』は、中国古来の行事で、7月7日に『織女星』にあやかり、織物や裁縫が上手になるようにとお祈りする行事のようです。

近年では、織物や裁縫だけでなく、芸術や書道なども上手になるように祈る人がいるようです。

『彦星と織姫』の伝説は、琴座のベガと呼ばれる織女星と鷲座のアルタイルと呼ばれる牽牛星の二つの星が旧暦の7月7日に天の川を挟んで見えます。

中国では、この1年に1度、天の川を挟んでめぐり合う二つの星にあやかり『彦星と織姫』の伝説が作られ、語り継がれてきました。

七夕 イベント

七夕は、現在、日本でも様々な地域でイベントが開催されています。

有名なイベントと言えば、やはり、『仙台七夕祭り』でしょうか。

伊達正宗公の時代から続く日本一の七夕イベントとして知られています。

花火が打ち上げられたり、商店街に飾られる手作りの笹飾り、商店街をバスで巡れるバスツアーと様々な催しが毎年行われています。

他の地域でも、短冊に願い事を書き、笹の葉につるして星に願い事をするイベントが開催されたり、

商店街などの大きな通りで笹の飾りなどを大々的に飾るなど様々なイベントを開催しています。

また、このイベントは、7月7日限定のイベントだけではく、6月位から8月位まで長い間イベントを開催しているので、是非参加してみてはいかがでしょうか。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ