カレーとは

カレー(Curry)の言葉の由来には、いくつかの説があります。

インドで様々なスパイスで具材を煮込んだ汁をタミール語でソースの意味になるカリ(Kari)の説。

ヒンズー語の香り高いや美味しいの意味でも使われるターカリー(Turcarri)が英名になったという説があります。

他にもいくつかの説がありますが、もともとカレーは、インドなどを中心とした熱帯、亜熱帯の地方でスパイスを多く入れたスパイシーな料理を総称してカレーと呼ぶようになりました。

カレーの本場インドでは、現在でも多くの家庭や地方で様々な処方のカレーが作られカレーの種類には数百種類もあるといわれています。

日本でカレーと聞くと、その多くがお肉が入っていると考えるものですが、魚介類を入れたり、野菜だけのカレー、香や辛味など使うスパイスの違いや水の量など様々な種類のカレーがあります。

日本にカレーが伝来したのは、明治初期ごろにイギリスから料理の方法がC&B社のカレー粉が伝来し日本のお米と一緒に食べる事でカレーライスとして日本国内に広がりました。

日本のカレーは、豚肉や鶏肉、牛肉などの肉類とジャガイモやニンジン、玉ねぎなどを入れ作られるカレーが主流です。

最近では、隠し味などにトマトや林檎、はちみつ、コーヒー、チーズなどを入れ、家庭それぞれの味を楽しむことの多くなりました。

また、近年では、多くの人が利用するレトルト食品でもカレーは欠かせないものですが、実はレトルトカレーは、日本で独自に開発販売されていたのです。

昭和40年代ごろのレトルトカレーは、お湯で温めるタイプのカレーでしたが、昭和60年代になると電子レンジで温めるだけのレトルトカレーも販売されるようになり

簡単にカレーを食べることができるようになっています。

カレー 作り方

カレーの作り方は、一般的には、市販で販売されているカレールーなどを使うことが多いと思います。

ジャガイモ、お肉、ニンジン、玉ねぎなどを入れ、水で煮込んでからカレールーを入れるだけでとても簡単です。

また、このカレーで余ったカレーに、醤油や麺つゆ、ダシのもとなどを入れ水で少し伸ばし、うどんの上のかけるとカレーうどんが簡単に出来上がります。

カレーうどんを作る際には、長ネギなどを入れると、とてもおいしく出来上がります。

また、キーマカレーは、ニンニクやショウガなどを炒め、細かく切ったピーマンやニンジン、玉ねぎとひき肉を少量の水で炒めます。

炒めている間に市販のカレールーを入れると、キーマカレーが出来上がります。

最近では、キーマカレー用の粉なども販売されているので、キーマカレーも簡単に出来上がります。

さらに、中に入れる具材を魚介類に変えるとシーフードカレーが出来上がります。

入れる具材や調理方法を少し変えるだけで様々な味、形に変化するカレーは主婦の味方でもあり、子供や男性にも人気の高い料理です。

好みに合わせて、トマトケチャップやソース、チーズやコーヒー、リンゴやはちみつなどを入れると家庭それぞれの味が出せるので好みの味を探すのも楽しいかもしれません。

また、一人用の鍋でカレーを作ったり、カレー味の鍋を作ったり、レシピは多くあります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ