ほうとう 郷土料理

ほうとうは、山梨県独自の郷土料理で幅の広い麺をカボチャやネギ、白菜、ジャガイモなどの野菜やお肉などを一緒に味噌で煮込んだ料理のことです。

ほうとうは、中国から禅宗と共に日本にわたってきた『飩(はくたく)』です。

甲州は、もともと山に囲まれていたため水田が少なく、お米が貴重な食料だったようです。

そのお米の代わりにほうとうは良く食べられ、武田信玄は、陣中食としていたという話もあります。

一般的には、小麦粉を練りざっくりと切った麺が特徴てきですが、一部地域では小麦以外の殻物を麺にする場合もあるようです。

また、ほうとうは、2007年農林水産省が各地に伝わるふるさとの味の中から選ぶ『農山漁村の郷土料理百選』の中の1つです。

ほうとう レシピ

ほうとうは、山梨県の郷土料理として有名で、お土産などでも人気のある食材です。

ほうとうを始めて食べる人は、何を入れたらよいのか迷ってしまうかもしれません。

基本的にほうとうは、どんなお野菜を入れても良く、多くの場合は、『カボチャ』や『人参』、『大根』、『じゃがいも』、『サツマイモ』、『里いも』などの根菜類

他にも、『白菜』や『ネギ』、『キノコ類』、などの葉物の野菜やキノコ類もあう食材です。

たくさんの食材を入れて食べることの多いほうとうは、好きな野菜を好みの硬さまで煮ることができるので、ほうとうを食べる場合には好きな野菜を入れるのが基準になります。

他にも、『豚肉』や『油揚げ』などを入れてもおいしく食べることができます。

味付けは、お土産などの場合、味噌味の味付け用スープなどがセットになっている場合が多いですが、そうでない場合には、ダシや家庭で使っている味噌を使うと美味しく出来上がります。

また、麺は、平たい麺を使うことが多いようですが、地域によっては、ちぎった麺を使う場合もあるようです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ