チョコレートとは

チョコレート(Chocolate)とは、カカオの種を発酵・焙煎させたカカオマスに砂糖やココアバター、粉乳などを混ぜ固めた食べ物です。

チョコレート以外にも、チョコやショコラなどと呼ばれることもあります。

チョコレートには、生地だけでつくる板チョコ(ソリッドチョコレート)や、中が空洞になっているほろーチョコレート、

チョコレートで殻を作り中にクリームやゼリー状のものなど中身を詰め込むシェルチョコレート、

チョコレートに粉などを吹き付けるパンワークチョコレート、

ウエハースやキャンディーバーなどをチョコレートでつけるエンローバーチョコレートなど様々な種類があります。

さらに、チョコレートを使ったチョコレートケーキやチョコレートを鍋などでとかし、果物などを付けるとチョコレートフォンデュ、

レストランなどで目にする溶かしたチョコレートを噴水状に循環するチョコレートファウンテンなど多くの楽しみ方があります。

さらに、チョコレート自体にも様々な種類があり、ビターチョコやブラックチョコ、スイートチョコ、プレーンチョコ、

ダークチョコ、ミルクチョコ、生チョコ、ホワイトチョコレートなど味や見た目に大きな違いのあるチョコレートもあります。

チョコレート 効能

チョコレートは古代から薬として飲まれ大変貴重な食材でした。

時代や地域によってはお金の役割もはたしていたとさえ言われています。

チョコレートの原料であるカカオ豆には、カルシウムや鉄分、マグネシウム、亜鉛などミネラルが豊富です。

チョコレートには脂肪が多いと聞いたことがある人もいるでしょうが、実はチョコレートに含まれている脂肪は

質が良く、食べても血中の悪玉コレステロール値は上がらないといわれています。

さらに、カカオ・ポリフェノールは免疫力を向上させる効果があり、病気の予防や老化防止などの効果もあります。

また、ポリフェノールには、ガンや動脈硬化などの病気の予防にもなるようです。

チョコレートは、入っている砂糖が体に悪影響を与えるものの、糖分の少ないチョコなどは体にいいことが多いようです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ