こいのぼり 節句

こいのぼりは、4月も終わりに近づくと、男の子のいる家庭では多くが飾ることでしょう。

少し田舎に行くと、あちらこちらで大きなこいのぼりが空を泳いでいるのを見ることが多くあります。

もともと、こいのぼりは、誕生した男の子の出産の報告を天の神に告げて、男児を守り健やかに成長するよう祈る目印としてあげられています。

『登竜門』という言葉がありますが、登竜門は、鯉が竜門の滝を見事に上ると龍になり天をかけると中国ではいわれていました。

日本にもその考えが伝来し中国の伝説からあやかり男の子が元気に成長できるよう願いを込められたとも言われています。

女の子の節句は、3月3日ですが、男の子の節句は、5月5日『こどもの日』に行われます。

男の子 節句

女の子の節句は3月3日、男の子の節句は、5月5日こどもの日に行われます。

古代の中国では、邪気を祓うとして菖蒲とよもぎを玄関に飾り、菖蒲酒を飲んだり、

薬湯として菖蒲湯に入るという習慣がありました。

その習慣が日本に伝わり、菖蒲が、尚武に通じるということから男の子がたくましく成長するようにと端午の節句が行われるようになりました。

端午の節句では、よろいや兜、武者の人形やこいのぼりを飾ります。

また、端午の節句の時期に菖蒲を入れたお風呂に入ったり、よもぎ餅、柏餅、ちまきを食べたりする地域もあるようです。

現在では、老若男女菖蒲湯に入り邪気を祓うとして男の子のいない家庭でも菖蒲湯を楽しむ方が多いようです。

また、端午の節句で飾る、こいのぼりや兜、武者人形などは、4月中旬までには飾りを終え5月5日が過ぎるとと天気の良く、縁起の良い日に片付けます。

決して、1日だけ飾る一夜飾りなどは縁起も悪いため避けましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ