華道 文化

華道(かどう)は、『生け花』と呼ばれる花を美しく楽しむ日本の伝統的な文化です。

華道は、人の自然を尊ぶこころや価値観、精神などが大切で、生け花とはいうものの花だけを鮮やかに楽しむフラワーアレンジとは意味合いが違います。

美しい花を見た目だけで美しいと感じるのではなく、花にもある尊いをとらえ大切にする心が華道につながります。

華道の歴史は、四季折々の花が咲く日本で古くから楽しまれていました。

『花を観賞する』『神の依代』『仏前供花』などの意味合いで生け花という前提が飛鳥時代や南来た朝時代に整ったといわれています。

その後、室町時代に生け花という唐物の器に花をいける生け花が成立しました。

安土桃山時代や江戸時代には立花として朝廷や武家屋敷などで用いられ現在の生け花の基礎になっています。

その後、常に生け花や華道は日本の文化として親しまれてきました、第二次世界大戦後には、生け花の文化が世界に発信され、世界でも注目を集める日本の文化になっています。

華道 教室

華道(いけばな)は、花の美しさを知るだけでなく、立ち振る舞いや礼儀作法などを学ぶ必要があります。

個人が一人で学ぼうとしても、なかなか簡単に勉強できるものではありません。

古くからの礼儀作法や生け花について、生け花を見る人の気持ちなど様々なことを勉強する必要があります。

最近では、一般的な家庭で生け花の先生や華道を学んだ人が教室を開き、生け花についての教室を開催しています。

生け花のことだけでなく、礼儀作法も学べるため、花嫁修業や主婦などが通うことも少なくないようです。

華道を学ぶ前に、事前に自分で用意が必要な備品がある可能性があります。

一般的に良く言われる『花ばさみ』はその一つになります。

『花ばさみ』は、華道で使う以外にも家の玄関などに飾る花を切る際にも使えるので華道を学ぶ人以外でも愛用する人もいます。

また、花瓶や器、器に花を飾る場合には剣山などが必要になります。

一般的に、華道教室には、花瓶などは用意してあることが多いですが、自宅に生け花を飾る際に必要になるので生け花を学んでいなくても持っておくと良いでしょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ