茶道 文化

茶道(さどう・ちゃどう)や茶の湯とも呼ばれる文化です。

茶道の歴史は中国伝来の喫茶の風習が日本で独自に発達をし、今では日本の文化とも呼ばれる茶道になりました。

亭主や客の交歓の作法や茶道具、庭園や建築(建物)、絵画や書などの精神的訓練などを含めた総合的な文化を指します。

茶道は抹茶を楽しむだけでなく、お茶をいただく部屋や庭園、お茶を入れる人が選んだ茶道具などを鑑賞するのも楽しみであり、

お茶会(茶事)に出てくるお茶菓子や懐石料理などの食事でもお客様をもてなす総合的な日本の芸術とも呼ばれます。

日本に茶道が広まったのは、鎌倉時代に日本全国に広まり、室町時代には茶の湯が成立しました。

また、安土・桃山時代には、有名な千利休が侘茶(わびちゃ)を完成させこれが現在の茶道の原型とも言われています。

千利休が亡くなると、茶道は子孫たちによって表千家、裏千家、武者小路千家といわゆる三千家の流派が誕生しこの三千家を中心に茶道が今日まで楽しまれてきました。

茶道 こころえ

茶道を学ぶ上で最も大切なことは、お客様をおもてなしする『心』です。

一般的に茶道を学ぶ上では初めに茶道に必要なお作法を勉強します。

また、茶道に必要な道具も多くあり、お手入れも必要なものなので道具についても勉強します。

茶道で必要な道具には、『棗』や『茶入れ』、『茶筅』、『茶杓』、『茶巾』、『柄杓』等の他に

抹茶を入れる『茶碗』が必要になります。

一般的に茶道教室などに通う際に必要になる道具と言うとこの程度のもので十分かと思います。

また、上級者になると、袱紗や懐紙、扇子などが必要になる場合があります。

一般的に初心者の場合には教室などであらかじめ準備してあるものを使い、慣れてきたら、好きな道具を揃えることが多いです。

道具を揃える際にも、道具ですらお客様の目に触れる者ですので、柄や色を揃えたり、お茶会の趣旨に合わせて使い分ける必要があるものもあります。

徐々に茶道へのこころえを勉強していれば徐々にわかることで、色や柄については好みやお客様の趣向に合わせて選ぶことも必要です。

茶道の精神には、『四規七則』といわれるこころえがあり、『四規』とは、和・敬・清・寂という心得から決まっています。

『和』・・・お互いに和を重んじる、『敬』・・・互いに尊敬しあう、『清』・・・心を清らかに、『寂』・・・どんなときにも動じない心を持つなどの意味があります。

『七則』とは、お客様に接する時に必要な心得で、『常に心をこめて、本質を見極め、季節感を感じ、命の尊さとゆとりえおもち互いに尊重しあう』などの意味があります。

茶道を学ぶことで、日本の歴史や伝統文化を学ぶだけでなく、人間として強く美しくある方法が見えてくるかもしれません。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ