甘酒 効能

甘酒は、日本の伝統的な飲料の一種でお酒と言うものの一般的にはお酒は入れずにつくられるものが多いようです。

そんな甘酒は、飲む点滴と言われるほど栄養素は点滴と同じものが含まれているようです。

甘酒の原料は、米麹とお米を発酵させた飲料で含まれている栄養には、ビタミンB1やビタミンB2、

ビタミンB6、葉酸、植物繊維、オリゴ糖、グルタミンの他にも多くの栄養が含まれています。

昔から、甘酒は冬場の風邪の予防に飲まれていたようですが、実は夏場の夏バテにも効果があるだけでなく

肥満抑制や腸内環境の改善などでダイエットにも効果があるようです。

さらに、肌にも良く、頭皮を若返らせ髪の毛を美しく保つ効果もあります。

とあるCMでも話題になった酒蔵の人は肌がきれいというのは今や有名な話ですが、甘酒の原料になる麹にもシミや美白に効果のあるコウジ酸が含まれています。

甘酒 作り方

甘酒は、様々な作り方があります。

使う麹や酒粕の種類によっても多少作り方が違ってきます。

また、作り方にも、『炊飯器』や『こたつ』、『湯たんぽ』、『魔法瓶やポット』などの様々な方法で甘酒を作ることができます。

とても簡単な作り方で、昔から作られている方法には、鍋を使った方法もあります。

鍋で甘酒を作るには、

1、水を鍋に入れて沸騰させ、一度火を止め一口だいにした酒粕を鍋の中に入れます。

2、お湯につかった酒粕が軟らかくなったら再度火を点け、酒粕を溶かします。

3、お鍋の中が沸騰したら砂糖と塩をお好みで入れ一煮立ちさせたら完成です。

入れる塩は砂糖の味を引き立たせるために入れるので一つまみや少量で大丈夫です。

他にも、もち米やお米から甘酒を作る方法もあり、家庭や地域によって作り方も味も様々です。

最近では、家庭では作らず、お正月に神社などでふるまわれる甘酒を飲む人も増えています。

また、お酒の入った甘酒が好きな方は、出来上がった甘酒に日本酒を入れるだけでお酒入りの甘酒が出来上がるので簡単です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ