相撲 歴史

日本の国技『相撲』の歴史は古く、古事記(712年)や日本書記(720年)などの中に

ある力比べの神話や『すくね』や『けはや』の勝負の伝説などがあります。

平安時代には、その年の農作物の収穫を占う祭りや儀式として行われ、毎年行われていました。

鎌倉時代から戦国時代には、武士の力比べや戦闘の訓練などで相撲が行われていました。

織田信長は、相撲をこよなく愛し各地から集められた力士の中から勝ち抜いた者を家臣として召し抱えていたともいわれています。

江戸時代に入ると、力士の職業ができ、相撲で生計を立てる人まで現れたようです。

今の日本の大相撲は、江戸時代の基礎が始まりとされ当時は歌舞伎と並んで一般庶民の娯楽の一つとして楽しまれていたようです。

さらに、江戸時代につくられた番付表、化粧まわし、土俵入り、相撲の取り組みなど変わらぬ姿で現在でも相撲は楽しまれています。

相撲 チケット

相撲を観戦するには、チケットを購入する必要があります。

まずは、見たい相撲の本場所日程を核にsンし、前売り券がいつから販売されるか確認します。

入場券には、マス席と椅子席の2種類があり、マス席は38,000円~購入が可能になります。

椅子席は、3,800円から購入が可能で、詳しい料金は席の種類で違っているので確認が必要です。

日程や席が決まったら、主な前売り券発売場所『チケット大相撲』や『国技館切符売り場』、

『相撲案内所』、『チケットぴあ』、『e+』、『ローチケ』などで購入することができます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ