土鍋 ご飯

寒くなる冬になると恋しくなる土鍋…。

鍋と聞くと、大人数でする鍋を連想する人が多いかもしれません。

しかし、最近では、土鍋にもいろいろな種類がでています。

昔からある、家族でつくる鍋にも大きなサイズから小食な家族用の小さな鍋、

二人や一人用の鍋やキャラクターを顔をかたどった鍋などの他にもご飯を炊くための鍋も販売されています。

土鍋で御飯を炊くと、じっくりお米一粒一粒に熱が伝わるためにとてもおいしくご飯が炊けると、日本食屋さんでも使われることもあります。

普通の鍋で御飯を炊くよりも、ふっくらとして、もっちりした食感が味わえるご飯になるようです。

ご飯を炊くようの鍋にも1合用や2合用、5合程度まで大きさがあるため、使う用途や家族構成によって必要な鍋の大きさが違ってきます。

単身者世帯では、一人用土鍋や、1合~2合程度、家族2~3人家族なら2合~3合程度、4人以上で土鍋ご飯を食べるなら5合以上の土鍋がオススメです。

ご飯を炊く以外にも、土鍋を使って料理を作ることもできるため、料理好きな方は、いくつかの種類の土鍋を揃えてみても面白いかもしれません。

土鍋用のレシピブックなども販売されていたり、ネットで簡単に検索することもできます。

野菜本来の味が引き立つので、調味料は少量で良いことなどから、塩分を多く取れない方や気にしている方にはオススメです。

さらに、蓄熱性が高いため短時間での料理が可能で、ガスや電気代の節約にもなります。

また、スープ系の料理の場合には、保温性が高いため、冷めにくく、小さな土鍋ならそのまま器としても利用できるとても便利です。

健康志向から、玄米をご飯として土鍋で炊いたり、土鍋の良いところを集めた炊飯器なども販売されているので一緒にチェックしてみてください。

土鍋 種類

土鍋と一言っても、サイズ以外で様々な種類の土鍋が売られています。

一般的な土鍋では、『片手鍋』:持ちてのついた土鍋です。

『丸小鍋』:ひとり分用の丸い鍋を『丸小鍋』と呼びます。小さな鍋なので茶碗として使ったり、一人分のお粥を作るのにも便利です。

『深土鍋』:だるま型土鍋ともいわれ、深い円柱の形をした鍋です。煮込み料理に最適な鍋になります。

『雪平鍋』:小さな一人用の土鍋ですが、『雪平鍋』は、アルミ製の鍋も販売され、お手入れが簡単になっています。

『ごはん鍋』:ご飯を炊くように使われる鍋ですが、煮込み料理にも使われたり、中フタのあるタイプだと、温野菜などを作るのにも便利です。

『ビビンバ鍋』:安価に購入できる鍋で、焼きごはんなど冷めにくい性質を利用し、ビビンバ鍋で調理後にお皿としても利用することもできます。

『土瓶蒸し鍋』:土瓶蒸しなどの際に使う鍋です。

他にも様々な種類の鍋があり、用途によって使い分けることもできます。

土鍋は、フタを裏返して収納できる点や、土鍋を利用することで盛り付けの手間が省けるなどの利点がある代わりに、

土鍋は土からできている鍋ですので、丁寧に扱わないと、ちょっとした事で割れてしまい火傷の危険などがあります。

洗うときには、昔は洗剤は使わないのが一般的でしたが、洗剤を使う場合にはサッと洗剤で洗って良く水で洗い流すことが大切です。

また、鍋がまだ熱いまま、冷水を入れたり、冷水を入れてすぐに強火にかけると割れの原因になります。

洗うときのは、鍋が冷めてから、火をかける際には、常温のお水を利用するようにしましょう。

さらに、洗ったあと、しっかり乾燥させないと、カビが生える可能性もあるので、洗ったあとはしっかり水気をふき取り、乾燥させましょう。

万が一、土鍋にヒビが入ってしまった時には、目止めを行うとよいでしょう。

目止めは、お米や小麦粉を土鍋の中で煮立たせることで、ヒビをなくす方法です。

昔は、お粥を作って、ノリ状になると目止ができますので、ヒビが気になった時には、目止めをして長い間使うことができます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ