クリスマス 歴史

日本でのクリスマスの歴史はそれほど深くなく、最初にクリスマスを祝ったのは

山口県にやってきた宣教師フランシスコ・ザビエルが信徒を集めてミサを行ったのが初めてになります。

しかし、1617年に幕府がキリスト教禁止令を発令したためそれ以降開国が行われるまで

クリスマスやミサなどが行えませんでした。

その後、明治8年になると勝海舟が家族や知人、アメリカ人家族などと一緒にクリスマスパーティーをしていたようです。

そして、クリスマスが多くの人に知られるのは、明治37年頃になってから、銀座の『明治屋』が

店頭にクリスマスツリーをディスプレイしたことが話題になりクリスマス商戦の先駆けになります。

さらに、その後一般の家庭でクリスマスを祝うようになったのは、昭和25年頃からだといわれています。

クリスマス 飾り

クリスマスの飾りには、クリスマスツリーや、リース、オーナメントなどがあります。 最近では、一般的な家庭でも庭などでイルミネーションを点灯させ冬の風物詩になっている場所もあるようです。 イルミネーション、ツリーを一から手作りでつくるのはとても難しいですが、リースやオーナメントなら 家庭でも簡単に手作りすることができます。 オーナメントは、使わなくなった発砲スチロールや紙、段ボールなどを使って丸や星形、ハート型のオーナメントを作ることができます。 リースでは、布や毛糸などを三つ編みなどに編み、丸く形成をすればリースの土台が完成します。 また、家庭などでも簡単に育てられるアサガオのツルを乾燥させてから丸く形成しても簡単に土台をつくることができます。 その後、手作りをしたオーナメントや100円均一などでも購入できる飾りを飾れば完成します。 さらに上級者になると、手作りしたオーナメントを何個も重ねて土台をつくり、かわいらしいリースを作る人もいるようです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ